旭区版 掲載号:2012年2月9日号
  • LINE
  • hatena

県新人戦を制した県立金沢総合高校女子バスケットボール部の新監督 清水 麻衣さん 本村町在住 25歳

心に継続「敵は己」

 ○…「うまくなりたい」。その一心で中学からバスケを続けてきた。金沢総合バスケ部では星澤純一前監督のもと、2004年にウィンターカップ制覇。国立大の教育学部から09年、教諭として母校へ。翌年から同部アシスタントコーチを経て監督に就いた。1月上旬の全日本総合選手権への出場で、新チームの準備期間は2週間足らずという中、14日〜21日の県大会(新人戦)では4試合を勝ち抜き、4年連続優勝を遂げた。

 ○…全国制覇4回の名門チームを、指導歴35年の星澤前監督から受け継ぎ「選手、コーチ時代に言われてきたことの根拠がわかるようになった」と視野の広がりを実感する。授業では保健体育を担当。「教員として生徒や保護者、周りの人に何か一つでもいい影響が与えられるよう、できる限りのことをしたい」。家族や教員、友人らに支えられてきた自分の姿を、次世代の子どもたちに重ねる。

 ○…自転車やなわとび、キャッチボールなど運動が好きだった幼少期。3日間しかなかった夏休み返上で高校生の合宿に参加するなど、市立万騎が原中学校ではバスケに打ち込んだ。「妥協は嫌いだし、やめたいと思ったことはない」ときっぱり。「自分を追い込んで心を鍛えれば、結果はついてくる」。高校入試にトップ合格し、新入生代表のあいさつで掲げた「文武両道で成績トップを維持する」という目標は有言実行を果たした。バスケでは苦手のシュートを克服しようと、オフを除いて毎朝、自主練習を始発電車通学で継続。シューターとして3年生でスターティングメンバーの座をつかんだ。チームの基本理念の一つ「継続は力なり」は今も心に置いている。

 ○…住み慣れた地元横浜をぶらぶらしたり、友人とのおしゃべりで気分転換する。昨年は5日しか取れなかった休日の確保が悩みの一つ。「やるからにはガツンとやる。日本一頑張るチームにしたい」。立ち止まる気配は当面なさそうだ。
 

旭区版の人物風土記最新6件

田中 朋子さん

バリアフリー情報マガジン「enjoy ist。かながわ」の制作委員会代表を務めた

田中 朋子さん

12月13日号

小川名 慎吾さん

旭区発の芋焼酎の原料であるサツマイモを生産する農家の一人

小川名 慎吾さん

12月6日号

河野 航大さん

星槎全国生徒会の会長を務める

河野 航大さん

11月29日号

富岡 宏さん

「横浜旗士道」の代表として各地で活躍する

富岡 宏さん

11月22日号

天野 純さん

横浜F・マリノスで中心選手として活躍する

天野 純さん

11月15日号

小澤 一久さん

ヘアカット・アレンジメント講習会で講師を務めた

小澤 一久さん

11月8日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク