旭区版 掲載号:2014年6月26日号
  • googleplus
  • LINE

旭高校女子バスケ部 2年連続 インターハイへ 昨年同様県2位で

ドリブルで突破を試みる金沢さん
ドリブルで突破を試みる金沢さん
 第67回全国高等学校バスケットボール選手権大会・神奈川県予選の決勝リーグ最終戦が6月22日、平塚総合体育館で行われた。旭高校女子バスケットボール部は県1位の座をかけ、金沢総合高校と対戦。54対75と敗れたが県2位となり、2年連続でインターハイ出場を決めた。

 予選を勝ち抜いた旭、金沢総合、市ヶ尾=青葉区=、藤沢西の4校で争われた決勝リーグ。旭高校は15日に藤沢西を80対56で下すと、21日には市ヶ尾に対し46対42と苦しみながらも連勝。この時点でインターハイ出場を確定させた。

 県1位の座をかけ、22日には同じく2連勝の金沢総合と対戦。第1クオーター、第2クオーターは一進一退の攻防が続き、30対29と1点リードで前半を折り返す。勝負の分かれ目となったのは第3クオーター。旭は思うようにシュートを決められない中、金沢総合に3ポイントシュートを連続で決められ、37対57と大きく離される。第4クオーターも点差は詰められず、54対75と優勝を逃した。

 それでも、エースの春日イザベル瑠璃さん(3年)をケガで欠く中、チーム一丸で勝ち取った全国への切符。主将の金沢みどりさん(3年)は「先週からの苦しい試合は勝ち抜けたけど、まだ全国に出るようなチームには通用しない。(インターハイに向けて)気持ちを切り替えて、練習していきたい」と悔しさをにじませた。講武達雄監督は「今のレベルでは全国では通用しない。ただ、インターハイに出るということに関しては、頑張ってよくやってくれた」と話した。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6件

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク