旭区版 掲載号:2018年6月21日号
  • LINE
  • hatena

鶴ヶ峰まちかど広場 下水熱活用し、路面温度を調整 9月下旬完成、市内初

社会

広場の路面に放熱管パネルが設置される
広場の路面に放熱管パネルが設置される
 鶴ヶ峰駅そばの「鶴ヶ峰まちかど広場」で現在、下水熱を活用して路面温度の調整を行う工事が行われている。市内初の取り組みで、夏のヒートアイランドや冬の融雪対策に効果が期待されている。

 生活排水や雨水が流れる下水道の温度は概ね20度。夏は外気より低く、冬は高い下水熱を活用する取り組みが、全国的に行われている。

 鶴ヶ峰まちかど広場で行われている工事は、同広場の近くに敷設されている下水管に採熱管を設置し、広場の路面に敷く24・6平方メートルの放熱管パネルに熱を伝えるもの。横浜市は、2012年度に新潟市役所前のバスターミナルに設置された事例を参考に、市内でも同様の取り組みができないか検討。「駅前などの利用者が多く、あまり広すぎない場所ということで鶴ヶ峰まちかど広場が選ばれた」と旭土木事務所の担当者は話す。工事の完了は9月下旬の予定。工事費は3780万円。設置後は効果の検証を行い、結果次第で別の場所での設置も検討される。

 同広場などの管理を行う愛護会の近藤二義会長は「ベンチに座る時など、広場を利用する人たちにとって、今まで以上に快適になれば」と思いを話す。また、同事務所担当者は「工事期間中はご不便をお掛けいたします。工事完了後は、これまで以上に憩いの場所になると思います。また、このような事業を通して、下水の可能性を知ってもらいたい」と話した。

旭区版のトップニュース最新6件

「ボッチャ」で交流

上白根中学校上菅田特別支援学校

「ボッチャ」で交流

12月13日号

運行情報の可視化で乗りやすく

若葉台コミュニティバス

運行情報の可視化で乗りやすく

12月13日号

シールで高齢者を見守り

横浜市

シールで高齢者を見守り

12月6日号

ダナン市職員らが授業見学

上白根小学校

ダナン市職員らが授業見学

12月6日号

50周年ボッチャで盛り上げ

14年ぶりに改定

都市マス「旭区プラン」

14年ぶりに改定

11月29日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク