泉区版 掲載号:2018年8月9日号
  • googleplus
  • LINE

JA横浜果樹部飯田支部 「浜なし」直売始まる 品質良好で豊かな甘み

社会

梨の状態を確認する大川さん
梨の状態を確認する大川さん

 泉区や瀬谷区の果樹園農家で梨やブドウが収穫時期を迎えている。「浜なし」のブランド名で注目されている横浜の梨は、今年は一段と甘みが詰まり、品質は良好。各直売所などで順次販売が始まっている。

 「JA横浜果樹部飯田支部」の泉・瀬谷両区の果樹農家では、梨、ブドウ柿、りんごなどを栽培している。「浜なし」は木で完熟させるのが特徴で、朝採れたての一番味の良い状態で販売される。ほぼ全量を生産者が直売するため、市場にはほとんど出回らないという。

 今年の出来について大川さんは「気温が高い日が多く、雨が少なかったため、実に甘みがぎゅっと詰まっていて、いい出来です」と話す。大川さんの果樹園(泉区下和泉)では幸水や豊水など、約100本の梨を育てている。今年は暖かくなるのが早かったため収穫時期は10日ほど早まったが、収穫量は例年並み。食べるときに「冷やしすぎない」のが梨本来の甘みをより感じるためのポイントだという。

品評会でPR販売も

 同支部も参加する「横浜夏季果樹持寄品評会」が8月9日(木)に青葉区の「JA横浜ハマッ子中里店」で、8月23日(木)に泉区中田西にある「ハマッ子みなみ店」で行われる。PR販売は午前10時から完売まで。9時半から整理券を配布。問合わせはJA横浜担い手課【電話】045・805・6612。
 

泉区版のトップニュース最新6件

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク