泉区版 掲載号:2014年4月17日号 エリアトップへ

観音寺(かんのんじ) 曹洞宗 5回 

掲載号:2014年4月17日号

  • LINE
  • hatena

 徳川の旗本、安藤治右衛門正珍(まさとし)(2代将軍徳川秀忠家臣)が、祖父の定次、父の正次とともに京都や伏見、関ケ原などの戦で功績を挙げ阿久和村の領主となり、1615(元和元)年、先祖の冥福を祈るために創建したといわれる。

 本尊は安藤家代々の守本尊聖観世音菩薩。奈良時代の高僧・行基の作と伝えられ、楠の一木造りで高さは二尺六寸六分(約80・5センチメートル)。両腕から先、両足などは後世に補造されたもので、のみの痕を表面に残す技法の「鉈彫」が特徴的だ。当時の面影をよく伝えている仏像で、33年に一度の開帳を行う秘仏だという。

 1649(慶安2)年に寺領十二石三斗の御朱印を受け、中田寺稲葉堂(二十六番)、和泉町の正法寺(二十五番)、上飯田町の大石寺(二十四番)とともに鎌倉郡観音三十三札所の二十三番札所として、観音信仰の霊場とされる。

 仏教国スリランカから1989年に贈られた「仏舎利」と、日本でも珍しいとされる総丈4メートルの金色の涅槃像=写真下=が祀られる仏殿は、98年に落慶し、禅宗の様式を尊重した重層の伽藍となっている。

■観音寺/(瀬谷柏尾道路沿い「観音寺前」バス停下車)、住職・梅田保彦 【電話】045・811・1405

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のコラム最新6

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【4】

横浜とシュウマイと私

「中華街は第二世代?」

6月10日号

泉公会堂の舞台ウラ

館長コラム

泉公会堂の舞台ウラ

【2】客席は今、あのスペースに

6月3日号

困窮世帯に食品配布

困窮世帯に食品配布

宮ノ前テラス

6月3日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【3】

横浜とシュウマイと私

「中華街は多様でシュウマイ」

5月27日号

ラッシーも脱ストロー

ラッシーも脱ストロー

チャイ立場店

5月20日号

泉公会堂の舞台ウラ

館長コラム

泉公会堂の舞台ウラ

【1】講堂の客席はあやめ色

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter