戸塚区版 掲載号:2012年7月26日号
  • googleplus
  • LINE

県拳銃射撃競技大会 戸塚警察署が優勝 団体、個人の部で

スポーツ

署長と出場した署員ら
署長と出場した署員ら

 戸塚警察署の署員が、7月5日に行われた「平成24年度 神奈川県警察拳銃射撃競技大会」に出場し、A組・団体の部で初優勝した。また、西國(さいこく)勉巡査部長(32)が接戦を制し、個人の部で2連覇を果たした。

 同大会は毎年開催されているもので、今回で56回目。昨年は東日本大震災の影響により中止されたため、2年ぶりの開催となった。

 射撃は技術だけでなく、集中力や精神力も試される競技。今回は、立ったまま10m先の的を狙う「腰撃ち」、片ひざをついて狙う「ひざ撃ち」、より実践的な「総合射撃」の3種目をそれぞれ5発50点、合計150点満点で競った。

 A組・団体の部に出場したのは、原田泰三巡査部長(50)、大竹勇人(はやと)巡査部長(34)、村田喜和警部補(50)、西國巡査部長の4人。18署の中で最高の合計514点を獲得し、初の優勝に輝いた。

 その中でも西國巡査部長は、72人中最高成績の148点を獲得し、個人の部で2度目の優勝を成し遂げた。2位とは1点差だった。西國巡査部長は射撃の修練を積んできた元拳銃特別訓練員。優勝のためには満点を目指す必要があり、出場者同士でプレッシャーのかけあいもあったという。競技について「自分はリラックスできていた。拳銃特別訓練員のころの仲間もいたが、優勝できる自信はあった」と振り返り、「拳銃使用の正しい判断をし、経験を現場に生かしていきたい」と話した。
 

戸塚区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

地域交流施設が誕生

谷矢部池公園

地域交流施設が誕生

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

児童福祉施設が開所

上倉田町

児童福祉施設が開所

3月8日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月1日号

区制80周年に主眼

2018年度戸塚区予算案

区制80周年に主眼

3月1日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

境木中吹奏楽部が演奏会

境木中吹奏楽部が演奏会

26日 鎌倉芸術館

3月26日~3月26日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク