戸塚区版 掲載号:2020年6月18日号 エリアトップへ

八坂神社お札まき 感染防止のため中止 「とつか夏まつり」も

文化

掲載号:2020年6月18日号

  • LINE
  • hatena
「お札まき」では例年女装した男たちが踊りを披露
「お札まき」では例年女装した男たちが踊りを披露

 新型コロナウイルス感染防止の観点から、例年7月14日に開催されてきた戸塚の夏の風物詩「八坂神社のお札まき」、同日実施されてきた「とつか夏まつり」が中止となる。

 八坂神社例大祭の14日に行われる「お札まき」は、300年以上にわたり継続。白塗りの化粧をした15人ほどの男性が五穀豊穣や無病息災の祈願を込めた歌を歌いながら踊りを披露。その後、色彩豊かなお札がまかれ、多数の来場者が取りに走る姿が例年見られる。市の無形文化財に指定されている伝統行事だ。

 しかし今回はコロナ感染防止の観点から「密」を避けるため、お札をまきは中止。ただ、例年通り参拝者にお札は渡される(千人分用意/整理券を配布。午後3時〜7時を予定)。

 内田俊夫八坂神社総代長は「私の記憶では初めてのこと。残念だがご理解を。お札には疫病退散の意味が込められており、限定した形でお配りしたい」と話している。

「苦渋の決断だった」

 200店以上の露店が並び、例年2万人以上の来場者で賑わう「とつか夏まつり」も中止が決まった。片山大蔵とつか夏まつり実行委員会会長は「多くの区民、とりわけ子どもたちには残念な思いをさせてしまった。しかし、コロナを流行させることはできず、苦渋の決断だった」と苦しい胸の内を吐露する。

 2015年には多数の人が集中することを危惧した戸塚警察署からまつりの見直しを迫られ、露天商の出店が中止になったことも。しかし、特に子どもたちからの再開の要望は根強く、その声を受ける形で地域の有志からなる実行委員会が結成。翌16年には露天商や地元商店会を中心した現在のまつりを復活させている。実行委員会は月1回の会合を実施。綿密な打ち合わせの下、行き届いた清掃活動、的確な管理・運営を行っている。「東俣野特別支援学校」の児童をまつりに招待するなど、地域貢献にも熱心だ。

 住民の一人は「コロナが収束し、来夏はお札まき、まつりに参加したい。心から願っている」と語った。

区のイベントも次々と

 コロナにより、戸塚区主催・共催の「区民まつり」なども中止(表参照)。区HPで確認を。

戸塚区版のトップニュース最新6

区防災計画、7年振り改訂

区防災計画、7年振り改訂 社会

「車中泊避難」にも言及

7月9日号

防災拠点の3密対策 強化

横浜市

防災拠点の3密対策 強化 社会

「分散避難」呼びかけも

7月9日号

自宅でも音楽療法を

名瀬町社会福祉法人

自宅でも音楽療法を 文化

プロ歌手による動画配信

7月2日号

喫煙所出入口に遮断幕

戸塚駅東口

喫煙所出入口に遮断幕 社会

市内初の煙流出対策

7月2日号

音楽家に発信の場 提供

さくらプラザエフエム戸塚

音楽家に発信の場 提供 文化

「コロナ禍でも芸術届ける」

6月25日号

「定着化」に力点置く

東戸塚の障害者就労支援事業所

「定着化」に力点置く 社会

離職率の高さ危惧

6月25日号

口に関わるリハビリはST外来へ

「食べる」「話す」等でお悩みの方に、ST(言語聴覚士)がリハビリを支援します

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク