戸塚区版 掲載号:2021年8月5日号 エリアトップへ

大正地区社協 初の広報誌を発行 情報発信強化に注力

社会

掲載号:2021年8月5日号

  • LINE
  • hatena
初の広報誌を手にする萩谷会長
初の広報誌を手にする萩谷会長

 誰もが安心して暮らせる地域を目指し、各地域に配置される「地区社会福祉協議会(地区社協)」。その一つであり、区内最多の世帯数が所属する大正地区社協(萩谷邦昭会長)が7月31日、初めての広報誌を発行した。同地区社協では、1月からホームページの運用や月に1度の「たより」の掲載も始め、活動の周知、共有化を進めている。

 各地域の課題解決に取り組んでいる地区社協。活動の報告や情報収集を行う際には、広報誌やホームページを使うのが通例だ。しかし、大正地区では作成にかかる労力などが問題視され、これまで1度もそういった取り組みは行われてこなかった。

 その中、活動内容をより透明化し、課題共有を図りたいと考えた萩谷会長らメンバーが、戸塚区地域福祉保健計画(とつかハートプラン)の大正地区計画に広報誌とホームページの活用を盛り込んだ。今年、1月にホームページを公開し、同時に総会の報告や住民へのメッセージを書いた「大正地区社協だより」を月に1度掲載。さらに、インターネットを得意としない世代へのアプローチや、ホームページの活用周知を目的に、たよりにプラスしてA4用紙3枚分でカラー印刷の広報誌を今回発行した。今後は年3回の発行を目指していくという。

参加型コンテンツも充実

 ホームページや広報誌では、住民に対し同地区の好きなスポットの募集や、昨年住民から募った作文・標語の公開が行われ、子どもから大人まで参加できるコンテンツが充実。地区社協の活動報告を一方的にするのではなく、地域の誰もが意見を出しやすい環境を作るための双方向のツールとして、活用していく方針だ。

 発行にあたり、萩谷会長は「偏った価値観で地域を作るより、様々な意見を取り入れるためのツールとしていきたい。広報誌を通してインターネットを敬遠する人にホームページの活用も検討してもらえたら」と話している。

 広報誌のデザインやホームページ作成を行った代表理事の高橋良壽さんは「福祉保健計画を普及させたい。地域の助けがないと成し遂げられないからこそ周知していければ」と語った。

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

「主体性」育むプレゼン大会

深谷中3年生

「主体性」育むプレゼン大会 教育

再開した修学旅行で挑戦

6月30日号

5区は戸塚・泉のみに

衆院区割り案

5区は戸塚・泉のみに 政治

瀬谷区が13区へ

6月30日号

VR訓練システムを開発

戸塚消防署長

VR訓練システムを開発 社会

産学官連携 初の公開

6月23日号

子どもの学習支援に貢献

戸塚無料塾

子どもの学習支援に貢献 教育

設立5年 運営が充実化

6月23日号

フォーラムで交流促進

転勤・単身赴任 妻の会

フォーラムで交流促進 社会

リアルな悩みを共有

6月16日号

市がひきこもり相談窓口

中高年向け

市がひきこもり相談窓口 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月16日号

無料の体操教室7/11

会場:ONE FOR ALL横浜(申込は392-4141へ)

https://npo-tkm.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook