金沢区・磯子区版 掲載号:2017年8月31日号 エリアトップへ

(PR)

金沢病院 訪問診療で自宅療養を支援 患者と家族のために

掲載号:2017年8月31日号

  • LINE
  • hatena
(左から)江藤医師、緒方医師、宮田医師
(左から)江藤医師、緒方医師、宮田医師

 団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年。国民の3人に1人が65歳以上という超・高齢社会を迎える。金沢区でも高齢者は現在より5000人以上増えると言われる。

 そんな時代の要請もあり、金沢病院は約4年前から訪問診療を開始。現在は高齢者施設を中心に在宅療養を希望する患者約90人を24時間体制でサポートしている。訪問診療を担当するのは、江藤哲哉医師(内科)、緒方直人医師(外科)、宮田晃臣医師(内科)の3人。常に1人は臨時往診ができるような体制を整えた。電子カルテで情報を共有した上で、週1回の打ち合わせで疾患が悪化している患者の情報交換を行い、診療にあたる。

多職種連携でサポート

 院長補佐も務める江藤医師は「在宅診療には、多職種連携が不可欠」と指摘する。自宅療養を望んでいたとしても、介護する側にとっての負担は相当なもの。終わりのない介護生活に、疲弊していく家族は少なくない。「ヘルパーやケアマネジャー、看護師、リハビリスタッフ、介護士らが一体となって、みんなでご家族をカバーすることが大切」と話す。

 金沢病院を運営する医療法人社団景翠会はデイサービスや訪問介護、サービス付き高齢者住宅など、運営する施設が多岐にわたる。「グループ内で連携がとりやすくきめ細やかなケアが提供できる強みもあるが、グループにはない専任スタッフが必要なことも」。金沢区は医療資源と介護資源が充実している地域でもあるため、「他機関とタッグを組んで、患者とその家族が日常の中で過ごせるよう全力でサポートしたい」と決意を見せる。

 また「いつまでも住み慣れた町で療養生活を送りたい」「一人で暮らすには不安」という患者や「面倒を見きれるか自信がない」という家族のため、同院は昨年8月、地域包括ケア病棟を開設した。患者一人ひとりが持つ様々なニーズに応えるため、常に高いレベルでのサポートを目指す。

医療法人社団景翠会 金沢病院

横浜市金沢区泥亀2の8の3

TEL:045-781-2611

http://www.keisuikai.or.jp

金沢区・磯子区版のピックアップ(PR)最新6

賃貸物件の運用 困ったら

ウスイホーム

賃貸物件の運用 困ったら

運営管理もサポート

4月15日号

有償ボランティア募集

始めよう!自分に合った生き方を 福祉クラブ生協

有償ボランティア募集

4月15日号

乗らない車は売却を

税金肩代わりキャンペーン タックス横浜

乗らない車は売却を

4月8日号

片付け不要で古家売却

ウスイホーム杉田店

片付け不要で古家売却

状況問わず即現金化

4月8日号

今月の志まくらの逸品一品

「色ソメツ心ソメツ」受け継ぐ

今月の志まくらの逸品一品

4月8日号

「HACCP」対応 全面サポート

「HACCP」対応 全面サポート

(株)門倉組が専門ブランド設立

4月8日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

http://kato-hiroto.net/ http://www.takenouchi-takeshi.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter