金沢区・磯子区版 掲載号:2022年3月10日号 エリアトップへ

ハザードマップ 改定版、全戸配布へ 市、浸水想定条件を更新

社会

掲載号:2022年3月10日号

  • LINE
  • hatena
先行配布された金沢区の浸水ハザードマップと避難行動計画
先行配布された金沢区の浸水ハザードマップと避難行動計画

 横浜市は、高潮・洪水・内水ハザードマップを一冊にした「浸水ハザードマップ」を2022年度中に全世帯・全事業所に配布する。近年激甚化する豪雨へ対応するため、昨年6月に内水ハザードマップの想定降雨量を1時間あたり76・5mmから想定最大規模の153mmに更新し、同マップを作成した。

金沢区は先行

 ハザードマップは、被災想定区域や避難場所の位置などを示した地図。横浜市では、日頃から市民に風水害の備えとして同マップの活用を促すことで、地域防災力の強化に取り組んでいる。

 今回、全戸配布される浸水ハザードマップは、今まで個別に発行されていた洪水と内水、さらに県の高潮浸水想定区域図から高潮ハザードマップを作成し一冊にまとめたもの。台風や大雨などで想定される災害情報を集約することで、市民が利用しやすくする狙いだ。昨年、金沢区と神奈川区、栄区には先行配布されている。

増加する風水害に備え

 なかでも、内水については、近年台風や豪雨の風水害が各地で発生していることを踏まえ、昨年6月に想定条件を示す1時間あたりの降雨量を更新。過去に観測された関東地方の最大降雨量である153mmに改定し、豪雨への対策を強化した。

 市が発行するハザードマップは、ウェブ上で公開しているほか、深刻な被害が想定される地域へ配布していたが、今回は、内水ハザードマップの改訂で対象が広範囲に及ぶことから、全世帯・全事業所の配布に踏み切った。この規模の配布は15年の土砂災害ハザードマップの配布以来。

 浸水ハザードマップを先行配布している金沢区の西大道町内会では、過去、豪雨により下水口から泥流が噴き出す浸水被害があった。このため、昨年7月の全戸配布後、すぐにそのマップ情報を回覧。同マップで町内会館を事例に内水の被害予想を説明し、各世帯の状況を確認するように呼びかけた。同町内会の飯塚久典会長は「ハザードマップが配布されたことで、内水被害に注意が必要なことを住民に伝えられた」と話す。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

磯子・金沢 日帰り44%増

観光入込客数

磯子・金沢 日帰り44%増 経済

回復傾向もコロナ前に届かず

6月23日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月23日号

元銭湯を「交流場」に再生

金沢区富岡東

元銭湯を「交流場」に再生 社会

地元企業がプロデュース

6月16日号

ひきこもり相談窓口開設

中高年向け

ひきこもり相談窓口開設 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月16日号

創立50周年を祝う

横浜市金沢団地協同組合

創立50周年を祝う 経済

通常総会と記念祝賀会

6月9日号

堀割川いそご桟橋が完成

堀割川いそご桟橋が完成 社会

磯子・八幡橋下流に親水施設

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子どもに寄り添って

子どもに寄り添って

金沢区で7月に講座

7月4日~7月25日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook