中区・西区版 掲載号:2018年7月5日号 エリアトップへ

横浜MMホール 幼児、障がい者ら公演招待 約600人が参加

文化

掲載号:2018年7月5日号

  • LINE
  • hatena
演奏後はバンベルク交響楽団首席指揮者のヤクブ・フルシャ氏が来場者から寄せられた質問に答えた
演奏後はバンベルク交響楽団首席指揮者のヤクブ・フルシャ氏が来場者から寄せられた質問に答えた

 ホールへの来場が難しい幼児や障がい者にも一流の音楽を体験してほしいと、横浜みなとみらいホール=西区=で6月27日、ドイツ・バンベルク交響楽団によるチャリティー公演が開かれた。同ホールが主催し、西区地域自立支援協議会らとの共催。

 今回の公演は、地元ドイツのほか各公演先でチャリティー公演を行っている同楽団から申し出があり、ホールが西区地域自立支援協議会に案内し実現したもの。

 同協議会は西区内の子育て支援施設や障がい者の作業所、支援団体などで構成。今回は加盟施設の利用者、家族、職員らを対象に参加を募り、600人近くが来場した。

 同楽団からは今回、弦楽奏者約22人が参加。首席指揮者のヤクブ・フルシャ氏が指揮をふるった。楽団事務局長のマルクス・アクスト氏は「本拠地のドイツ・バンベルクでも恵まれない子どもたちのための公演を行っており、どんな環境の人にも生の音楽を届けるという意味では今回も同じ」と話す。

 演奏したのは組曲「ホルベアの時代より」。ストレスなく聴いてもらおうと、演奏中の離席、移動などは自由。リズムに合わせて「高い高い」される幼児の姿もあった。

 1歳と4歳の子と訪れた細野ゆかりさんは「なかなか子連れでは来られないところで、本格的な演奏を聴くことができて良かった。主人も休みをもらって参加しました」と笑顔を見せた。

 同協議会の渡辺幹夫会長は「当初は10人程度の小規模な会を予定していたが、どんどんと企画が大きくなっていった」と感慨深げに話す。フルシャ氏からは終演後「やっていて楽しかった」と声を掛けられたと明かし「この1回で終わるのでなく、来年以降も続けていければ」と意欲を見せた。
 

中区・西区版のトップニュース最新6

篤志家の思い継ぎ本出版

本牧三之谷丹羽さん

篤志家の思い継ぎ本出版 文化

戦後の地元記事、一冊に

6月13日号

外遊びの安全確保に苦悩

横浜市内認可保育園

外遊びの安全確保に苦悩 社会

4割が狭い園庭

6月13日号

企業、人の交流で関内活性化へ

企業、人の交流で関内活性化へ 経済

駅直結のシェアオフィス開業

6月6日号

寿町に新拠点が開設

寿町に新拠点が開設 社会

会館再築、健康・福祉を強化

6月6日号

テロ災害想定し訓練

JR横浜駅

テロ災害想定し訓練 社会

西消防署など多機関で連携

5月30日号

改修工事が完了

県立音楽堂

改修工事が完了 文化

6月1日に再始動へ

5月30日号

横浜駅西口で認知症カフェ

横浜駅西口で認知症カフェ 社会

行政、地域、企業がタッグ

5月23日号

あっとほーむデスク

  • 6月13日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク