中区・西区版 掲載号:2019年9月26日号 エリアトップへ

金沢区福浦に事業所 (有)マルニ商店 前を向き、必ず復旧へ

掲載号:2019年9月26日号

  • LINE
  • hatena
被災直後の事務所内部
被災直後の事務所内部

 「常務、福浦に車が近づけません」。早朝、ガラスびんの回収で得意先にいた私への浸水被害を伝える電話で、弊社の被災対応は始まりました。

 BCP(緊急時の事業継続計画)を定めたばかりの弊社でしたが、道路は大渋滞、定時に出勤できた社員はわずか、計画は次々に変更を余儀なくされました。

事業所内外と車両に被害

 事業所に着いた私の前には、見たこともない惨状が広がっていました。事務所の窓、扉はもちろん、二方向の壁が損壊、パソコン機器はなくなり、事務机キャビネットはなぎ倒され事務所の端にくっついていました。

 工場のシャッターにはトレーラーコンテナと自動販売機が突き刺さり、工場内に駐車していた運搬車両7台、フォークリフト5台も泥まみれの状態。BCP協力企業様にガラス回収車両の借用と作業代行を手配する中、社員全員で散乱物の片づけをしたり、幅6メートルのシャッターを自前の切断機で切断して車両の通行を可能にする作業は、停電で真っ暗になった深夜まで続きました。

 台風被害からしばらく経ち、海水にまみれた車両が毎日のように走行不能になってレッカー移動される一方で、行政による災害ごみの回収が進み、ゴミだらけの光景は見なくなりました。ようやく被災に関する行政の支援も本格化してきました。

 今後に向けて今思うのは、BCP計画を机上ではない、綿密なものにすること。そして、企業を存続し続けるよう努力すること。「これだけの被害に遭うと泣きたいし、呆然としちゃうよね。でもさ、社員のみんなも周りの会社さんも頑張ってるからさ、経営者は無理してでも笑って毎日やってこうぜ!」。弊社より甚大な被害に遭われた得意先の社長様から教えていただいた事です。

 最近、高1の息子と小学生の娘たちが、マルニ商店の社長になりたいと言い出しました。

 毎日笑顔で、前向きに、必ず復旧していきます。
  
文・写真

(有)マルニ商店=本社・西区浅間町/事業所・金沢区福浦

リサイクル業

常務取締役 栗原 清剛

中区・西区版のコラム最新6

推進前提に意見公募

〈連載【11】〉市が方向性素案公表 IRと横浜

推進前提に意見公募

3月19日号

暗渠(あんきょ)となった千代崎川

本牧 気まぐれ歴史散歩 33

暗渠(あんきょ)となった千代崎川

3月5日号

日本の牛肉文化発祥の地!?屠牛場

本牧 気まぐれ歴史散歩 32

日本の牛肉文化発祥の地!?屠牛場

2月13日号

懸命のアピール合戦

〈連載【10】〉「産業展」に45事業者 IRと横浜

懸命のアピール合戦

2月6日号

「資産価値の創出で横浜エリアの活性化を」

トップインタビュー

「資産価値の創出で横浜エリアの活性化を」

新都市総合管理株式会社 右手 康登 代表取締役

1月16日号

文豪たちゆかりの坂  ワシン坂

本牧 気まぐれ歴史散歩 31

文豪たちゆかりの坂 ワシン坂

1月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月26日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク