中区・西区版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

MMのロープウェイ 今春、開業へ コロナ状況を見極め

経済

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena
工事が進む桜木町駅前(12月15日撮影)
工事が進む桜木町駅前(12月15日撮影)

 桜木町駅前と新港ふ頭の間、約630mをつなぐロープウェイが3月下旬から4月ごろに開業する見込みだ。事業を手掛ける泉陽興業(株)=本社・大阪市=は、新型コロナ感染症の状況を踏まえ、横浜市と協議しながら開業日を決める方針だ(12月24日起稿)。

桜木町駅前と運河パークつなぐ

 施設名称「YOKOHAMA AIR CABIN(仮称)」は、常設運行としては日本初の都市型ロープウェイ。桜木町駅前のみなとみらい側と、新港ふ頭の商業施設横浜ワールドポーターズ前の運河パークの2カ所に停留所を設け、約630mを4、5分でつなぐ。汽車道沿いのコースで主に海上を通る。

 ゴンドラは2m四方ほどのサイズで1基8人乗り。36基が営業時間中、循環する。当初想定では、1時間あたり片道最大2400人の輸送が可能としている。最大高は約40mあり、港や街並みを見渡す新たな眺望の創出が期待されている。

 営業時間および料金は近日中に公開予定だが、午前10時ごろから午後10時ごろまでを軸に検討が進められており、料金は1千円前後の見通しだ。

 施設および営業は民設民営。2019年12月から工事が始まっている。事業費は約60億円。運河パーク停留所とワールドポーターズを結ぶデッキは、回遊性向上のため市が整備する。

市の公民連携の一環

 ロープウェイは、横浜市が進める「まちを楽しむ多彩な交通」事業の一環。市が都心臨海部において、移動自体が楽しく感じられるような多彩な交通サービスの導入に向け、2017年度に事業提案を公募。11の提案があり、ロープウェイはその内の一つ。都市整備局企画課によると、新港ふ頭へのアクセス向上や横浜の魅力向上などから、同提案の具体化を検討。市は19年の年末に提案した泉陽興業と事業実施協定を締結した。

 同社は、みなとみらい地区で30年にわたり遊園地よこはまコスモワールドを運営しており、観覧車事業においては国内トップシェア。また1990年に大阪市で開催された「国際花と緑の博覧会(花博)」でロープウェイを手掛けている。

 今春の開業に向け同社担当者は「より快適に移動できる手段を用意できる運びとなった。高齢の方や足が不自由な方にもぜひ利用していただきたい」と話していた。
 

運河パーク側からの眺め(写真はいずれもデザイン案)
運河パーク側からの眺め(写真はいずれもデザイン案)
汽車道から運河パークを臨むイメージ
汽車道から運河パークを臨むイメージ

横浜ファッションウィーク

シルクセンターなどで横浜スカーフなどの魅力を体験できるイベント多数。

http://www.yokohamascarf.com/

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6

船上からDJポリス

水上署

船上からDJポリス 社会

春の交通安全啓発

4月22日号

横浜市へ150万円を寄付

MM21RC

横浜市へ150万円を寄付 社会

感染症対策に活用

4月22日号

藤の花が見ごろ

藤の花が見ごろ 文化

西区内の各所で

4月22日号

AIが好みの酒を診断

「Web限定記事」連動

AIが好みの酒を診断 社会

桜木町の酒店で

4月22日号

行政書士による無料相談会

行政書士による無料相談会 社会

4月22日・23日

4月22日号

香港民主化の写真展

香港民主化の写真展 社会

中華街で開催中

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

香港民主化の写真展

香港民主化の写真展

中華街で開催中

4月17日~4月29日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter