中区・西区版 掲載号:2021年3月4日号 エリアトップへ

北仲通のシェアオフィス 1棚1オーナーの本屋を 出会い通しアイデア創出

経済

掲載号:2021年3月4日号

  • LINE
  • hatena
現在改築中の同センター1階
現在改築中の同センター1階

 関内フューチャーセンター=中区北仲通3=の1階2階で展開するシェアオフィス・コワーキングスペース「mass×mass(マスマス)」の運営担当を務める森川正信さん(45)が、1棚1オーナー制の「本屋」を同センター1階に作ろうとクラウドファンディングに挑戦している。開業は5月予定。

 マスマスは、今年3月11日に開業10周年を迎える。現在、周年事業の一環で、ワークショップイベントの開催や地産地消の弁当販売スペースとして活用していた1階の「ワークショップスタジオ」を改築しており、その新たな活用として構想しているのが、1棚1オーナー制の「本屋」・「LOCAL BOOK STORE」だ。

 森川さんは、同オフィスで多くの起業家とコミュニケーションを取るなかで、この事業のアイデアに繋がり、昨年夏から準備を開始。「コロナ禍で人と出会うことが難しくなるなか、本屋は日常的に通う場所。本を通じた日常的な人との接点を再構築したい」と話す。

誰でも利用可能

 本棚のオーナーは地域に開かれており、同オフィスの会員はもちろん面接などの手順を踏む必要はあるが、対象に制限は設けていない。森川さんは、「多様な生き方をする人の本棚が集まり、気に入った本を手に取るだけでなく、そのオーナーとも出会うコミュニティーが作れたら、新たなアイデアや価値が生まれるきっかけになるのではないか」とこの事業への思いを語る。また、スペース内には、ローカルに活動する作家やアーティストが手掛けた作品を販売できる場所も構築する予定だ。

 「本屋」は今年5月に開業する予定となっており、資金調達やより多くの人にこの取り組みを知ってもらいたいと、クラウドファンディングに3月末まで挑戦している。目標金額は200万円で2月27日現在で72万円まで集まっている。

クラウドファンディングや事業の詳細はこちら
クラウドファンディングや事業の詳細はこちら

中区・西区版のトップニュース最新6

「外で働く」を体験

「外で働く」を体験 経済

産官学、MMで試行

4月15日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

4月15日号

横浜駅西口に交付拠点

マイナンバーカード

横浜駅西口に交付拠点 社会

申請急増見据え窓口変更

4月8日号

市庁舎へ言葉の道案内

市庁舎へ言葉の道案内 社会

視覚障害支援団体が作成

4月8日号

大岡川にシドモア桜

大岡川にシドモア桜 社会

3年後の開花期待し植樹

4月1日号

太陽光発電設置へ

市内小中65校

太陽光発電設置へ 社会

非常用に蓄電池配備

4月1日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.fukushima-naoko.info/

西区北幸1-1-8エキニア7F

横浜駅西口すぐの補聴器専門店。認定補聴器技能者と言語聴覚士が在籍で安心です。

https://panasonic.jp/hochouki/shop/plaza/yokohama.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月16日15:24更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter