中区・西区版 掲載号:2021年3月25日号 エリアトップへ

まち普請事業 3提案が助成対象に 施設整備に最大500万円

社会

掲載号:2021年3月25日号

  • LINE
  • hatena
各提案の完成予想図。【1】「水」と「火」のある地域のほっとステーション【2】車椅子でもOK!だれでも集える多目的交流スペース【3】子安台みんなの家
各提案の完成予想図。【1】「水」と「火」のある地域のほっとステーション【2】車椅子でもOK!だれでも集える多目的交流スペース【3】子安台みんなの家

 地域の課題解決や魅力向上のための施設整備に、最大500万円の助成を行う横浜市のまち普請事業。16年目となった2020年度の最終審査が3月7日に市庁舎で行われ、4提案中、3提案が助成対象に決定した。

 7日は各グループの発表の様子がインターネットで生配信。創意工夫・実現性・公共性などの5つの基準で審査され、3提案ともに多世代や周辺施設との交流拠点であることなど、活動の広がりが評価された。3提案は以下の通り。

 ▽「水」と「火」のある地域のほっとステーション(緑区)/井戸や薪ストーブを設置し、いざという時に水と火を提供できる地域の交流拠点を整備▽車椅子でもOK!だれでも集える多目的交流スペース(戸塚区)/支援を必要とする子どもや高齢者に寄り添いながら、車椅子でも利用できる交流拠点を整備▽子安台みんなの家(神奈川区)/古い空き家を改修し、家族食堂やマルシェなどを行う多世代交流拠点を整備
 

中区・西区版のローカルニュース最新6

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 教育

NPOがスタッフ募集

5月7日号

妻の介護記録一冊に

妻の介護記録一冊に 社会

中区不老町在住・青木さん

5月7日号

「鎖国」下の日英を紹介

開館40周年記念

「鎖国」下の日英を紹介 文化

横浜開港資料館で企画展

5月7日号

地元食材で朝食を

ベイシェラ

地元食材で朝食を 社会

地産地消の取組

5月7日号

声で活動意欲を可視化

声で活動意欲を可視化 経済

中区企業がアプリ開発

5月7日号

ミニチュアの魅力に迫る

横浜人形の家

ミニチュアの魅力に迫る 文化

ソフビ人形の展示も

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter