中区・西区版 掲載号:2021年3月25日号 エリアトップへ

感震ブレーカー 市が補助制度拡充 対象地域、新たに6区

社会

掲載号:2021年3月25日号

  • LINE
  • hatena
分電盤に設置された器具
分電盤に設置された器具

 地震による揺れを感知して電気を遮断する感震ブレーカーの普及に向け、横浜市は4月から1世帯単位での補助制度を拡充する。2020年度は5区だった対象地域を11区に広げ、木造住宅密集地での設置促進を目指す。

木造密集地で普及急ぐ

 東日本大震災で発生した火災の6割以上が電気に起因したものといわれ、各自治体は感震ブレーカーの普及を急いでいる。

 横浜市では、2013年度に全国初となる設置費用の補助を開始。15年度からは自治会町内会が複数の加入世帯を取りまとめて申請する形で普及を図ってきた。20年度は自治会町内会を経由せず、1世帯のみでも申請ができるよう制度変更を行っている。

 4月からは、制度対象地域を磯子・神奈川・中・西・南の5区から泉・金沢・港北・鶴見・戸塚・保土ケ谷を加えた11区に拡大。計36万世帯から申請を受け付ける。

 補助対象となるのは分電盤やコンセントに設置する「簡易タイプ」と呼ばれる器具で、購入費用の半額(上限2千円)を助成。震度5強相当以上の揺れでおもり玉が落下してブレーカーを落とす製品なら、1500円程度で購入できる。同居者全員が65歳以上などの要件を満たせば、器具の取り付け代行も行う。

 総務局地域防災課の担当者は「感震ブレーカーの認知度はまだまだ低いが、効果や補助制度の内容を知ってもらえば設置のハードルは下がるはず」と強調する。対策地域に指定する11区での普及を最優先するため、他の7区に補助を拡大する予定はないという。

余震以降問い合わせ増

 神奈川区の三ツ沢浅野台自治会では、昨年11月に加入185世帯の全戸に感震ブレーカーを配布した。田村隆会長は「補助金の申請は手続きが面倒だと思っていたが、行政がていねいに対応してくれた。購入費用も安く済み、他の町内でも活用すべきだ」と話す。

 同課によると、2月に東北地方で発生した東日本大震災の余震以降、市民からの問い合わせが増えているといい、「震災から10年の節目に設置を検討してもらえたら」と呼び掛けている。

中区・西区版のトップニュース最新6

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月22日号

万葉集を一般公開

地元書家高木三甫作

万葉集を一般公開 文化

伊勢山皇大神宮奉納前に

4月22日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter