南区版 掲載号:2011年1月20日号
  • googleplus
  • LINE

2月4日に講演会を行う県立こども医療センターの新生児科医長 豊島 勝昭さん 弘明寺町在住 42歳

「小さな命」をみんなで守る

 ○…早産や出生後に病気になった新生児を治療する「NICU(新生児集中治療室)」で日々、小さな命を救うための医療を行う。NICU内の21床に空きベッドはほとんどない。県内各地からやってくる急な出産に対応できるか、緊張した状態が続く。「病気をなかったことにはできない」。昼夜を問わず「命」と正面から向き合う医師だからこそ、現実を冷静に見つめる。

 ○…「困った人を助けたい」。純粋な思いで医師を志すようになった。小児科医を目指そうとしたのは「子どもの病気は本人に理由がない」から。こども医療センターで研修を行い、「ここで働きたい」と直感。健気に病気に立ち向かう子どもの姿を見て、センター勤務3年目からNICUに携わるようになった。現場で強く感じたのは「病気は病院だけで治せるわけではない」ということ。「親も死生観を持つことが大切」と諭す。患者家族との出会いは一期一会。だからこそ、「子どもの痛み、苦しさも一緒に受け入れなければ」と思っている。

 ○…医療技術や機器が進歩する中、NICUではそれを活用できる人材が圧倒的に不足しているのが現状だ。そこで県職員の提案制度を使い、全国から短期の研修医を受け入れ、人材育成を行う取り組みを2年前からスタートさせた。これまでに24人の若手医師が経験を積んだ。県内には約150床のNICU病床があるが、人材不足で活用しきれず、他県に患者を受け入れてもらっている事実もある。「今後は県内の人材を育てたい」と願う。

 ○…激務の中、ほっとできるのは「銭湯通い」と読書。「桜もきれいで去り難いまち」になった。「厚労省の調査では33人に1人が出生後に何らかの治療が必要で、NICUは『あす、自分が入るかも知れない場所』」という。「NICUのスタッフのことも知ってほしい」と呼びかけ「小さな命」を守るため、病院内外を走り続ける。


南区版の人物風土記最新6件

五十嵐 留美子さん

創立20周年を迎えた「合唱団ロンド」で中心的な役割を果たしてきた

五十嵐 留美子さん

3月15日号

大日方(おびなた) 邦子さん

3月9日開幕の平昌(ピョンチャン)パラリンピックの選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

3月8日号

佐々木 建治さん

「あいわパン」の店主で南小学校の児童の要望に応えて給食にパンを提供した

佐々木 建治さん

3月1日号

上田 ますみさん

3月にコンサートを行う合唱団体「コールなおび」でピアノ伴奏を続けている

上田 ますみさん

2月22日号

津ノ井 美晴さん

買い物支援団体「おもいやり隊」の代表を務める

津ノ井 美晴さん

2月15日号

倉澤 俊郎さん

働きやすい職場作りなどが市から評価された「向洋電機土木」の社長を務める

倉澤 俊郎さん

2月8日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、 家族葬プラン45万円

http://daviusliving.jp/hall/gumyouji/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク