南区版 掲載号:2011年6月30日号
  • googleplus
  • LINE

県民功労者表彰を受賞した内科医 白木 洋二さん 白妙町勤務 71歳

器用で多趣味な”赤ひげ先生”

 ○…今までも数多くの表彰を受けてきたが、今回は「県民として名誉なこと」と格別の嬉しさがある。1977年に開業した「白木内科」では、これまでに延べ72万人の患者を診てきたという。「どんな立場の人でも公平に診ることを心掛けている。”赤ひげ先生”のようにね」と笑う。

 ○…医師を志したのは「高校生の時、1学年下にかわいい子がいて、その子が医者の娘だったから」と冗談とも本気ともつかないことがきっかけ。市大医学部で学び、「勉強したことが将来も活かせる」と内科医に。市大病院や県立成人病センター(現・がんセンター)に勤務。市大病院での診療時、胃カメラで2㎜×3㎜という医師でも見逃してしまいそうな小さながんを発見。先輩医師は「胃潰瘍では」と疑ったが、早期発見につながった。この40年以上で2万3000人の胃をカメラで見た経験は、数々の命を救ってきた歴史でもある。現在の医院は市大病院の目と鼻の先。患者の紹介なども含め、連携を図れるのは大きな利点だ。

 ○…かつては南区医師会の会長を務め、多い時は診療以外の仕事が月に40件を超え、私的な時間が全く取れないほど多忙だった。現在は落ち着き、地元での診療にも専念できる。「自分が患者の立場になって受けたい診療」がモットーだ。横須賀市で生まれ、金沢区で育ち、現在は磯子区に住むが、南区の人情深さを診療を通し、肌で感じている。

 ○…医師会誌用に書いたエッセイ160編が昨年、「たわごと」の題名で本になった。ゴルフはベストスコア70の腕前で同好会の会長でもある。学生時代はプロに教わり、合唱に熱を入れた。手帳から取り出した1枚の紙には90曲以上の演歌の曲名と数字がズラリ。すべて通信カラオケの採点システムで全国1位を獲得した曲だ。「ただの器用貧乏だから」と目を細める。「またエッセイも書いてみたいね」と診察室の外でも目標を追い続けていく。
 

南区版の人物風土記最新6件

五十嵐 留美子さん

創立20周年を迎えた「合唱団ロンド」で中心的な役割を果たしてきた

五十嵐 留美子さん

3月15日号

大日方(おびなた) 邦子さん

3月9日開幕の平昌(ピョンチャン)パラリンピックの選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

3月8日号

佐々木 建治さん

「あいわパン」の店主で南小学校の児童の要望に応えて給食にパンを提供した

佐々木 建治さん

3月1日号

上田 ますみさん

3月にコンサートを行う合唱団体「コールなおび」でピアノ伴奏を続けている

上田 ますみさん

2月22日号

津ノ井 美晴さん

買い物支援団体「おもいやり隊」の代表を務める

津ノ井 美晴さん

2月15日号

倉澤 俊郎さん

働きやすい職場作りなどが市から評価された「向洋電機土木」の社長を務める

倉澤 俊郎さん

2月8日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、 家族葬プラン45万円

http://daviusliving.jp/hall/gumyouji/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク