南区版 掲載号:2013年5月30日号
  • googleplus
  • LINE

発足30年を迎えた六ツ川大池囃子の代表として演奏を続ける 君田 尚一さん 六ツ川在住 51歳

歴史受け継ぎ、進化見せる

 ○…明治時代に起源がある六ツ川のお囃子。1960年ごろを最後に休止していた祭囃子が復活して30年。発足2年後に入会し、代表を25年間務める。「サーフィン、バンドと何をやっても長続きしなかったのに、お囃子だけは続いた。性に合っていたのかな」と笑顔で頭をかく。週1回の稽古を欠かさない子ども8人と大人12人の会員を率い、今では南区を代表するお囃子団体になった。

 ○…先に会員になっていた知人に声を掛けられて初めて稽古に参加した。「太鼓の音が気持ちいいと感じた」。太鼓の中心のごくわずかな場所を打った時にだけ響く”いい音”。今でも「10回打って1回くらい」というその音の魅力と演奏後の充実感を求め、気が付けばのめり込んでいた。太鼓や笛など、5人1組で演奏することが多く、「同じ曲でも人の組み合わせで演奏が変わる。何年続けていても飽きない」と常に盛り上げ方を考えている。

 ○…お囃子に欠かせない獅子舞の踊りを覚えようと、師匠の動きを何度も見て、自分のものにした。正月は町内の家を回り、獅子舞を披露するのが恒例。ある家では、亡くなった母親の写真を抱きながら待つ人がいた。「毎年、獅子舞を楽しみにしてくれていたのでは」と思うと、地域の中で続く活動の重みを感じる。「最初はお囃子を伝承しようと思っていたが、庶民芸能なのだから、時代に応じて演奏技術は変化していい」とした上で「それでも、六ツ川大池にお囃子が続いてきたという精神は伝えたい」と指導に力が入る。

 ○…10歳から六ツ川に住む。今も働く父と学生服を中心とした縫製業を営む。「モノを正確に作りたい」と寸分違わぬ裁断にこだわる姿勢に職人らしさがにじむ。「お囃子でご飯が食べられたらいいのに」と笑った直後、「もっとお囃子を知ってもらい、この地に根付かせたい」と一転、真剣な表情。伝統芸能を守りながら、進化も見せていく。

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

南区版の人物風土記最新6件

秋元 和夫さん

3月25日まで日本画などの個展を開いている

秋元 和夫さん

3月22日号

五十嵐 留美子さん

創立20周年を迎えた「合唱団ロンド」で中心的な役割を果たしてきた

五十嵐 留美子さん

3月15日号

大日方(おびなた) 邦子さん

3月9日開幕の平昌(ピョンチャン)パラリンピックの選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

3月8日号

佐々木 建治さん

「あいわパン」の店主で南小学校の児童の要望に応えて給食にパンを提供した

佐々木 建治さん

3月1日号

上田 ますみさん

3月にコンサートを行う合唱団体「コールなおび」でピアノ伴奏を続けている

上田 ますみさん

2月22日号

津ノ井 美晴さん

買い物支援団体「おもいやり隊」の代表を務める

津ノ井 美晴さん

2月15日号

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ビブリオバトル体験

ビブリオバトル体験

永田地区センター 本紹介で交流

4月8日~4月8日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク