南区版 掲載号:2013年6月27日号
  • googleplus
  • LINE

6月公開の映画「犬と猫と人間と2」のプロデューサーを務めた 飯田 基晴さん 大岡在住 39歳

「低い目線」は作品の根幹

 ○…「3・11」で被災した犬や猫に、牛・豚などの家畜。それらの動物にかかわるドラマを収めたドキュメンタリー映画「犬と猫と人間と2」の構成や編集、プロデュースを務めた。今回、初めてメガホンを執った宍戸大裕さんを、第一作目の監督としてサポート。2作とも、いのちの意味を問う主題は一貫する。

 ○…一作目を撮ることになったきっかけは、70代の女性からの依頼だった。自身の作品上映会で、「動物の殺処分を取り上げ欲しい」と、強い思いをぶつけられた。資金援助の申し出があったことや、年間40万頭がその対象になっていることを知り「断る理由がなかった」と制作を決意。2009年に公開し、テレビで取り上げられるなど大きな反響を呼んだ。「動物の殺処分は社会の問題、人間側の問題です」

 ○…大学生の頃、映画の世界に首を突っ込むも、才能に疑問を抱き「挫折」。そんな中、新宿駅周辺で暮らすホームレスの生活支援に関わるようになる。転機は98年に起きた「ダンボール村」の火事。親しくしていたホームレスが亡くなった。「まずは記録することが大切」と、カメラを回すように。アルバイトなどで生計を保ちながら02年、ホームレスの日常を追ったドキュメンタリー「あしがらさん」で監督デビュー。06年には「物事を低い目線で見つめていきたい」と、仲間3人で映像グループ「ローポジション」を設立した。

 ○…港南区出身で21歳まで横浜で過ごす。10年程の都内生活を経て、再び横浜へ。「弘明寺は暮らしやすいですね」と現在は妻と子の3人で暮らす。「子どもと過ごすひと時が息抜きになりますね」と笑った。

 ○…「動物の視点に近づくと社会の見え方が違ってくる」と、経済や人間中心の世の中に警鐘を鳴らす。ドキュメンタリーは「見たというより体験した感じ」と語り、現実の「知らない世界」を知るツールとして、その可能性を信じる。

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

南区版の人物風土記最新6件

秋元 和夫さん

3月25日まで日本画などの個展を開いている

秋元 和夫さん

3月22日号

五十嵐 留美子さん

創立20周年を迎えた「合唱団ロンド」で中心的な役割を果たしてきた

五十嵐 留美子さん

3月15日号

大日方(おびなた) 邦子さん

3月9日開幕の平昌(ピョンチャン)パラリンピックの選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

3月8日号

佐々木 建治さん

「あいわパン」の店主で南小学校の児童の要望に応えて給食にパンを提供した

佐々木 建治さん

3月1日号

上田 ますみさん

3月にコンサートを行う合唱団体「コールなおび」でピアノ伴奏を続けている

上田 ますみさん

2月22日号

津ノ井 美晴さん

買い物支援団体「おもいやり隊」の代表を務める

津ノ井 美晴さん

2月15日号

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ビブリオバトル体験

ビブリオバトル体験

永田地区センター 本紹介で交流

4月8日~4月8日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク