南区版 掲載号:2014年7月24日号 エリアトップへ

県もモデル事業実施へ 県政報告 インクルーシブ教育の推進 神奈川県議会議員民主党・かながわクラブきしべ 都

掲載号:2014年7月24日号

  • LINE
  • hatena

 県は「共に学び共に育つ」という理念で、子どもたちが成長の過程で様々な人と出会い、立場を超えて理解し、学びあえる、誰をも包み込む「インクルーシブな教育」を目指しています。昨年の「神奈川の教育を考える調査会最終まとめ」でもインクルーシブ教育の推進と地域での自立促進の仕組み作りが提言されました。

 県は6月の補正予算でインクルーシブな教育の推進として文部科学省からの委託を受け、釜利谷高校と綾瀬西高で特別支援教育に関する研究(通級や個別指導等、学習支援の方法や授業の工夫改善等)を実施します。学校現場などの要望がようやく事業化されます。

 県のほとんどの小中学校に特別支援学級が設置されています。今後、LD(学習障害)やADHD(注意欠陥多動性障害)等、通常学級の「支援が必要な子ども」が適切な指導を受ける仕組み作りは、「みんなの教室」モデル事業を試行し、効果や課題を検証します。同時に新たな理解啓発事業と人材育成も行います。

 横浜市の先行実践を参考に成果を全県で共有し、幼稚園から高校までの連続したインクルーシブな学校作りを推進することが重要です。子どもの社会性が育まれ、社会人としての自立につながることを期待します。

神奈川県議会議員 民主党・かながわクラブ きしべ 都

横浜市南区通町2-25-3 千々輪ビル1階

TEL:045-341-3385

http://kishibe-miyako.com/

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版の意見広告・議会報告最新6

IRカジノ賛否を問う住民投票実施できず

市政報告

IRカジノ賛否を問う住民投票実施できず

日本共産党横浜市会議員 あらき 由美子

1月14日号

子ども支援へ多様な施策

「給食」開始、全児童生徒に端末配備 ニッタオンライン市政報告55

子ども支援へ多様な施策

横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

1月1日号

横浜のため 菅総理とともに

市政報告

横浜のため 菅総理とともに

市会議員 ゆさ 大輔

1月1日号

新型コロナ感染拡大を防ぎ、国民の命と暮らしを守る

新春寄稿

新型コロナ感染拡大を防ぎ、国民の命と暮らしを守る

内閣総理大臣 菅 義偉

1月1日号

感染防止 「官・民」一体で

県政報告【13】

感染防止 「官・民」一体で

自民党 県議会議員 新堀 史明

1月1日号

新たな年に希望をもって

市政報告

新たな年に希望をもって

横浜市会議員 渋谷 たけし

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月23日17:45更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日16:24更新

  • あっとほーむデスク

    1月8日17:09更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク