南区版 掲載号:2014年8月28日号 エリアトップへ

NPO法人「よこはま・七つ星」の代表で防災活動などに取り組む 高松 清美さん 平楽在住 70歳

掲載号:2014年8月28日号

  • LINE
  • hatena

当たり前のことを即行動

 ○…防災やまちづくり支援活動を行う団体の代表として積極的に発言をしている。8月22日に行われた横浜青年会議所主催の防災に関するイベントでは”防災大喜利”に参加。三遊亭好楽さんの司会に「緊張して舞い上がってしまった」と言うが、自分で自分の身を守ることの大切さを訴えた。

 〇…東京出身。銀行に勤めた後に結婚し、娘を出産。35年前、知人がホームステイで日本を訪れた外国人を支援する活動をしていたことがきっかけで、日本語を教えるようになる。いつの間にか、「あの家はいろんなことを教えてくれる」と外国人が訪ねるようになった。「当たり前のことをしただけなんだけれどね」と笑う。これを機に市民活動を始め、「県民活動サポートセンター」の相談員になる。

 〇…阪神・淡路大震災で芽生えたボランティア活動の機運を広げようと、1998年、相談員らと「七つ星」を設立した。市民と団体をつなぐ中間組織として出発。東日本大震災以降は神奈川に避難している被災者を支援する活動に尽力する。被災者をスタッフに迎えながら、体験を聞く取り組みも進める。「恐怖感を和らげ、本音を言える場を作りたい」。被災地にも何十回と足を運ぶ。そこで感じたのは、人と人とのつながりの大切さ。「最初から知り合いは誰もいない。まずはあいさつから始めることが必要」と身近な取り組みがまちづくりや防災活動につながると力説する。

 〇…旅行が趣味。20代のころはシベリア鉄道に乗ったり、ジャマイカに行ったりした。旅行先でけが人を見て、迷わず駆け寄り、手当てをしたこともある。「思い立ったら即行動」の精神が「当たり前のこと」を支える。その精神を母から受け継いだ娘は5月、路上で倒れている人を発見、人命救助に貢献し、南消防署から表彰された。「今後は健康作りを支援したい」と元気な人を増やし、当たり前のことが当たり前に行われるまちを作っていく。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版の人物風土記最新6

志村 直樹さん

南太田でレンタルシェアキッチンを運営し、飲食店のマルシェを支援する

志村 直樹さん

南太田出身 40歳

4月8日号

中崎 サンニさん

みなみ市民活動・多文化共生ラウンジに登録されている「街の先生」で、インドネシア文化を発信する

中崎 サンニさん

若宮町勤務 48歳

4月1日号

谷原 章介さん

フジテレビの朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

3月25日号

曽根 雅文さん

国士舘大学の4年生で、少年野球チーム「大岡藤ノ木スワローズ」のマラソン教室の講師を務めた

曽根 雅文さん

中里出身 22歳

3月18日号

佐々木 もと子さん

高齢者の健康維持などを目的とする「中村体操教室」の代表を務める

佐々木 もと子さん

中村町在住 91歳

3月4日号

伊藤 久美子さん

画家で2月27日まで中区の「ギャルリーパリ」で個展を開いている

伊藤 久美子さん

別所中里台在住

2月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月8日20:30更新

  • 4月8日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    4月5日20:42更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク