南区版 掲載号:2015年10月29日号 エリアトップへ

琵琶のプロ奏者で子どもに楽器の楽しさを伝える 荒井 靖水さん 井土ヶ谷下町在住 43歳

掲載号:2015年10月29日号

  • LINE
  • hatena

明るさで人の心つかむ

 ○…邦楽の素晴らしさを伝えようと、小学校で2年続けて市事業の講師を務めた。子どもたちが楽しそうに箏を演奏する姿を見て「楽器に触わることでその雰囲気を感じ取ってほしい。少しでも経験がある人を増やせたら」と嬉しそうな表情。授業では、手品を交えるなどして好奇心旺盛な小学生の心をつかんだ。「路上で大道芸をする人を見てどうやったら子どもの興味を引けるかを研究した」と人を明るくさせる術をいつも模索している。

 ○…南区出身で祖父と母はプロの琵琶奏者。生まれた時から楽器が横にある環境で育ち、2人の手ほどきを受けて6歳で薩摩琵琶を始めるが、「そのころはあまり練習していなかった」と苦笑する。南太田小を卒業後、蒔田中では柔道部に入部。「体育の成績は『1』で逆上がりもできなかったけれど、運動が好きだった」と苦手なことでも前向きに取り組める明るい人柄がにじむ。音大ではフルートを演奏。卒業後は「幼いころからずっと聴いていたからなじみ深くて」とやはり琵琶奏者の道を選んだ。

 ○…プロとして生計を立てることは簡単ではなかった。演奏機会が少なかった20代のころ、師である母と同じ舞台に出演する時は観客を引き込む独特の空気感を学び、”自分らしいステージ”とはどんなものなのかを追求。持ち前の明るい口調で一般に知られていない琵琶の楽器や演目にまつわる話を織り交ぜ、徐々にファンと仕事を増やした。「聴いてくれる人がいることが本当にありがたい」と感謝の気持ちを忘れない。

 ○…箏奏者とのデュオ活動を18年続けるほか、芝居での舞台演奏やレコーディングで全国を飛び回る。週末のフットサルが息抜きで、仲間と南スポーツセンターで汗を流すことも。今でも”苦手なこと”が大好きだ。「邦楽は難しいと思われがち。見る機会を増やしてもっと身近に感じてもらえたら」。自分らしい明るさで人の心をつかみ続ける。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版の人物風土記最新6

佐藤 幸子さん

認知症カフェ「とおりみち」の代表を務める

佐藤 幸子さん

六ツ川在住 71歳

10月10日号

日高 伸也さん

南消防署員で消防団員募集のポスターを制作している

日高 伸也さん

浦舟町在勤 30歳

10月3日号

宇野 司さん

創立35周年を迎えた「万世館合氣道横浜道場」の道場長を務める

宇野 司さん

永田北在住 68歳

9月26日号

伊東 晃さん

南区老人クラブ連合会の会長を務める

伊東 晃さん

六ツ川在住 78歳

9月19日号

鈴木 緑さん

保健活動推進員を30年続けて市から表彰された

鈴木 緑さん

三春台在住 75歳

9月12日号

石井 奈津希さん

「全国高等学校フラ競技大会」で優秀賞に選ばれた関東学院中高ダンス部の顧問を務める

石井 奈津希さん

三春台在勤 36歳

9月5日号

伊坂 重憲さん

県内の遊技場業者らで構成される神奈川福祉事業協会の会長を務める

伊坂 重憲さん

神奈川区在勤 69歳

8月29日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月14日19:48更新

  • 10月12日12:21更新

  • 10月11日18:48更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「シルクロード」の歌と踊り

「シルクロード」の歌と踊り

久良岐能舞台で公演

10月28日~10月28日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク