南区版 掲載号:2015年12月24日号 エリアトップへ

土地家屋調査士としての功績が認められ、11月に黄綬褒章を受章した 佐々木 健さん 堀ノ内町勤務 68歳

掲載号:2015年12月24日号

  • LINE
  • hatena

本音貫き、人心をつかむ

 ○…県内で48人だけに贈られた秋の褒章。名誉ある受章に「思ってもいなかった」と驚きを隠せない。土地家屋調査士の業界団体で役員を20年以上務め、不動産登記の専門家としての知名度向上などに取り組んできた。最近では、社会問題化している空き家対策を自治体と協力して進める足掛かりを作るなど、貪欲に動いている。「今まで得た知識を還元していき、市民の立場で問題を解決したい」。力強い口調に決意がにじむ。

 ○…三重県四日市市出身。中学生のころ、自宅付近で行われていたバイパス建設を毎日のように見学していた。それを見た工事現場監督から「男なら土木をやってみろ」と進路を後押しされた。建設業に就くも石油ショックの影響で退職。学生時代に測量を学んだことから、土地家屋調査士の道を選んだ。

 ○…1979年に母が不動産業をしていた南区で開業。地縁のない場所で最初は商売に苦労した。それでも「地元の業者では言えないような、依頼者にとってマイナスになることもはっきり言う」という方針を貫いた。「36年間、よく続けてこられた」と笑うが、一貫した姿勢が信頼を呼び、同業だけではなく、税理士や弁護士などとの交流も広がっている。「建設業界の”ギブ・アンド・テーク”の風習が嫌だった。”ギブ・ギブ”や”テーク・テーク”があってもいい」と損得抜きの付き合いを好む。「開業時から付き合っている人は本当の仲間。自分の財産だと思っている」という。

 ○…西区で妻、3人の娘と暮らす。子どものころから読書家。今も硬軟織り交ぜたジャンルを数冊、並行して読んで気分転換を図る。サッカー好きでJ2の横浜FCを応援。母校、四日市中央工業高が年末から始まる全国選手権に出場。今から応援に行くのが楽しみで仕方ない。「若い人と建設的な話をするのが一番楽しい」と今後も業界の発展を目指し、本音と信念を大切にしていく。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版の人物風土記最新6

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務め、地域の歯科医療を支える

吉田 直人さん

六ツ川勤務 62歳

9月23日号

小石 昌矢さん

「東京2020パラリンピック聖火リレー」を神奈川県代表として走った

小石 昌矢さん

横浜総合高校3年 17歳

9月16日号

大岩戸さん(本名:上林義之)

元力士で相撲を通じた健康づくりなどの社会貢献活動に取り組む

大岩戸さん(本名:上林義之)

井土ヶ谷下町在住 40歳

9月9日号

廣山 典子さん

南防犯協会の事務局長で、特殊詐欺などの犯罪防止に努める

廣山 典子さん

大岡勤務 54歳

9月2日号

中島 一雄さん

平戸桜木道路の花壇を整備し、5年前から一人で周辺のごみ拾いを続ける

中島 一雄さん

六ツ川在住 78歳

8月26日号

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

歌手デビュー50周年を迎える

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

 65歳

8月19日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 小児医療費助成の淵源

    取り組み開始から約30年 ニッタオンライン市政報告58

    小児医療費助成の淵源

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    9月16日号

あっとほーむデスク

  • 9月26日12:18更新

  • あっとほーむデスク

    9月24日19:27更新

  • 9月16日17:57更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook