南区版 掲載号:2016年6月30日号 エリアトップへ

南永田・山王台連合町内会の会長で5月に南防犯協会会長に就任した 岩田 春男さん 永田南在住 78歳

掲載号:2016年6月30日号

  • LINE
  • hatena

謙虚に偉ぶらず

 ○…5月に南防犯協会の新しい会長に就任した。地区連合町内会では会長を務めて8年目。重責には慣れているはずだが「多くの自治会・町内会が活動を支えてくれている防犯協会。住民の安心・安全のためにおろそかにできない」と表情が引き締まる。近年、南区で被害が増えている振り込め詐欺については「地域のつながりが防止に向けて大事なこと。みなさんと一緒に知恵を出し合いたい」と謙虚に固い決意を語る。

 〇…井土ヶ谷で生まれ、南太田小、蒔田中出身。子どものころ、永田周辺は田んぼが多くヘビが出たと言い、「ここに住むことになるとは思わなかった」と振り返って笑う。現役時代は横浜市の職員として下水道や道路関連の業務に関わった。地域活動に興味を持ったのは30代後半から。「ボランティア活動で仲間を作りたかった」と当時の体育指導委員を務め、地域の子どもとふれ合うことが多くなる。「外で遊ぶ子どもたちがけがをしないように、相手の立場になってできることを考えた」という。

 〇…今年で設立20年を迎える南永田・山王台連合町内会。現在は周年行事に向けた記念誌の制作などで忙しい日々を送る。連長として印象深いのは2011年に設立した『ふるさと創生の会』。ホタルの再生や地域にある竹を利用して昔遊びの伝承などを行っている団体の立ち上げに携わった。「南永田と山王台の絆の結晶」と嬉しそうに語る。

 〇…妻に似て野球好きだった一人娘の暁美さんは、巨人の長嶋茂雄監督に密着する名物記者としてラジオ日本などで活躍。03年に41歳でこの世を去るが、国民的ヒーローの心をつかんだ娘を今も誇りに思っているという。生まれ育った南区で多くの地域活動に関わる中、胸に刻んでいるのは「偉ぶらない」という信念。「南区で起こる犯罪の実態を勉強しながら、地域でどのように生かせるか考えたい」。人とのつながりが育む防犯の輪を広げていく。

南区版の人物風土記最新6

佐藤 由美さん

自宅で簡単に作れる「おうちパン」の普及に取り組む

佐藤 由美さん

共進町在住 37歳

5月7日号

村上 絵里佳さん

親子で楽しめるマルシェを企画し、地域の活性化に取り組む

村上 絵里佳さん

別所在住 33歳

4月29日号

中村 康伸さん

写真家で香港の民主活動家などを撮影した作品展を開いている

中村 康伸さん

伏見町在住 51歳

4月22日号

今山 徹さん

4月から南消防署長に就任した

今山 徹さん

浦舟町勤務 58歳

4月15日号

志村 直樹さん

南太田でレンタルシェアキッチンを運営し、飲食店のマルシェを支援する

志村 直樹さん

南太田出身 40歳

4月8日号

中崎 サンニさん

みなみ市民活動・多文化共生ラウンジに登録されている「街の先生」で、インドネシア文化を発信する

中崎 サンニさん

若宮町勤務 48歳

4月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    5月6日11:18更新

  • あっとほーむデスク

    5月5日10:06更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter