南区版 掲載号:2017年6月29日号 エリアトップへ

7月1日に演奏会を行う主婦による吹奏楽団「ぷちはーもにー」の代表を務める 青木 恩さん 中村町在住 46歳

掲載号:2017年6月29日号

  • LINE
  • hatena

仲間との調和を音に乗せ

 ○…主婦による吹奏楽団の2回目の演奏会が目前に迫った。「普通のコンサートは子どもを連れて行けないけれど、ここは安心して親子で聴いてほしい」と話す。会場の南公会堂内にベビーカー置き場を用意するなど、気兼ねなく楽しんでもらう工夫を凝らす。

 ○…静岡県出身。小学生の頃はピアノ、中学、高校では吹奏楽部でテナーサックスを担当。「とにかく、友達と一緒に練習して、おしゃべりするのが楽しかった」。吹奏楽を通し、チームとしての活動の尊さと「アンサンブルが成り立つ」というサックスの魅力を感じた。関東学院大へ進み、横浜へ。マーチングバンドでトロンボーンを経験。卒業後は情報誌を作る会社へ入り、営業畑を歩む。「自分の低い声がマイナスだと思ったら、周囲から『落ち着いていて良い』と言われて、『このままでいいや』と思えた」と振り返る。ありのままの自分を受け入れ、吹奏楽にも通じる複数の部署が力を合わせる誌面作りの楽しさを10年間味わった。

 ○…結婚、出産後は夫の実家である「中村浴場」を手伝い、銭湯での日々。次女が幼稚園年長になった2011年、知人に勧められて「ぷちはーもにー」に。約20年ぶりにサックスを吹いたが「想像以上に吹けない自分に驚き、学生時代にもっと練習しておけば良かったと後悔した」とブランクの大きさを実感。それでも学生時代に経験したサックスの音色と仲間と作り上げる演奏が心地良かった。

 ○…12年に代表に。「年齢も吹奏楽のベースも異なる約30人のメンバーだが、和気あいあいとした雰囲気を大事にしたい」と調和が何より大切だと言う。「子育てに追われる母親の気分転換の場になれば」とも。自らが番台に座る銭湯では女性客にタオルを無料で貸し出すなど、アイデアを出す。「今でもサックスがうまくなりたいと思う」と夫と3人の子どもに感謝しながら、仲間とのハーモニーを求め続ける。

南区版の人物風土記最新6

箭中(やなか) 美智子さん

非営利型一般社団法人「FA普及協会FAVT」の営業・企画担当で、救急箱の設置を進める

箭中(やなか) 美智子さん

大橋町在住 59歳

12月2日号

大上 晴充さん

前里町三丁目町内会の会長で清掃イベントなどで住民の交流を図る

大上 晴充さん

三春台在住 71歳

11月25日号

田中 肇さん

南消防団の副団長で秋の褒章で藍綬褒章を受章した

田中 肇さん

宿町在住 67歳

11月18日号

堀木 一男さん

南永田山王台地区の道路に愛称をつける取り組みのプロジェクトリーダーを務める

堀木 一男さん

永田南在住 72歳

11月11日号

大野 星来さん

六ツ川のレンタルスペース「ROOM」で多世代交流が目的の企画を主宰する

大野 星来さん

六ツ川在住 29歳

11月4日号

戸井 浩さん

「南白ゆり幼稚園」の理事長で、多面的に園児の思い出づくりに取り組む

戸井 浩さん

六ツ川勤務 69歳

10月28日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 道路整備の進展求める

    桜木東戸塚線・汐見台平戸線 ニッタオンライン市政報告59

    道路整備の進展求める

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    11月25日号

  • コロナ離職者の支援拡充

    追加の職業訓練生募集中 県政報告

    コロナ離職者の支援拡充

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    11月25日号

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月25日18:18更新

  • 11月25日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook