南区版 掲載号:2019年4月4日号 エリアトップへ

栄養士が教える食育コラム 6 新学期!お弁当作りのための衛生管理簡単ポイント その1 管理栄養士 山田恵子〈特別養護老人ホーム勤務〉

掲載号:2019年4月4日号

  • LINE
  • hatena

 あたたかい日差しが降り注ぐ春になりました。

 入園・入学シーズンとなり用意する事や物が山ほど。あわただしい日々が始まりますね。

 こども達も新しい環境に慣れるまでは、緊張するのではないでしょうか。

そんな時に、おうちの味が食べられるお弁当がうれしいですね。

 お弁当の心配事。朝作って昼まで傷まないようにするにはどうすれば良いでしょう。

 食中毒は、夏季だけではなく、冬季に流行するノロウイルス等の発生がある為、どの季節でも気を付ける必要があります。

 基本的な食中毒対策(バイキンばいばいポイント)は3つ。原因菌を「つけない」「増やさない」「加熱する」です。

原因菌をつけない

 食中毒を防ぐためには、お弁当を作る調理器具を清潔に保ち、手洗いをしっかりする。まな板は、生肉や生魚を切る面、野菜類を切る面を分ける。

また肉類や魚類を処理するのに使用したまな板等は、洗剤で良く洗って、流し、熱湯消毒することもおススメです(火傷にはご注意ください)。

増やさない

 10℃以下では増殖がゆっくりとなり、マイナス15℃以下では増殖が停止します。食べ物に付着した菌を増やさないためには、低温で保存することが重要。肉や魚などの生鮮食品は購入後、できるだけ早く冷蔵庫に入れましょう。なお冷蔵庫に入れても、細菌はゆっくりと増殖しますので、冷蔵庫を過信しないようにしましょう。冷蔵庫の掃除もお忘れなく。

加熱する

 ほとんどの細菌やウイルスは加熱によって死滅しますので、肉や魚はもちろん、野菜なども加熱して食べれば安全です。特に肉料理は中心までよく加熱することが大事です。中心部を75℃で1分以上加熱することが目安。温度計で計らなくても、

肉類は楊枝をさし、肉汁が澄んでいる、赤い肉汁が出て来ないなどで判断できます。

 お弁当シートなども販売されていますが、まずおかずそのものが衛生的でないと、シートで食中毒は予防できません。ご家庭での“バイキンばいばいチェック”にお役立てください。

 栄養ケアステーション白朋苑では、乳幼児のお子さんから高齢者まで、お食事についてもご相談を伺っております。お気軽にお問合せ下さい。

 次回は、お弁当に詰める時の注意点です。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のコラム最新6

新学期!お弁当作りのための衛生管理簡単ポイント その2

栄養士が教える食育コラム 7

新学期!お弁当作りのための衛生管理簡単ポイント その2

管理栄養士 山田恵子〈特別養護老人ホーム勤務〉

4月18日号

桜の季節

〈連載〉さすらいヨコハマ37

桜の季節

大衆文化評論家 指田 文夫

3月28日号

映画の中の横浜市役所

〈連載〉さすらいヨコハマ36

映画の中の横浜市役所

大衆文化評論家 指田 文夫

2月14日号

ノロウイルスのお話し

栄養士が教える食育コラム 5

ノロウイルスのお話し

管理栄養士 山田恵子〈特別養護老人ホーム勤務〉

2月14日号

深夜の発熱でもすぐ飲める自宅で作る経口補水液

栄養士が教える食育コラム 4

深夜の発熱でもすぐ飲める自宅で作る経口補水液

管理栄養士 山田恵子〈特別養護老人ホーム勤務〉

1月31日号

健康に良いとされる食品摂り過ぎにご注意を!!

栄養士が教える食育コラム 2

健康に良いとされる食品摂り過ぎにご注意を!!

管理栄養士 山田恵子〈特別養護老人ホーム勤務〉

12月13日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    5月18日22:45更新

  • あっとほーむデスク

    5月17日14:42更新

  • 5月16日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク