南区版 掲載号:2019年9月12日号 エリアトップへ

保健活動推進員を30年続けて市から表彰された 鈴木 緑さん 三春台在住 75歳

掲載号:2019年9月12日号

  • LINE
  • hatena

地域愛し、父の背中追う

 ○…行政と協力しながら体力測定や体操教室などの活動を通じ、地域の健康づくりを推進する一翼を担い続けてきた。「『本当に30年も務めたのか』と疑問に思うほど大きな活動はしていません。表彰していただいたからには、より地域のためになれるよう、心掛けていきたいです」と気を引き締める。

 ○…生まれてからずっと三春台。実家が青果店を営んでいた頃は住み込みの従業員もおり、常に食卓はにぎやかだったと振り返る。時代の流れとともに商店は激減。それでも「住民の温かさは今も昔も変わらない」と話す。作った料理を近所同士で交換する光景などは「日ごろから『つながり』を大切にする三春台ならではかな」と話し、「各家庭の味を楽しめます」とにっこり。太田小時代の同級生とも今でも親交が深く毎年、桜の季節に三春台第一公園に花見に行くのが楽しみだという。

 ○…保健活動推進員のほか、民生委員を務めるなど、地域での活動は多岐にわたる。「三春台町内会の会長を務めていた父を見て育ったことが大きい」と地域活動に精力的な理由を語る。民生委員は24年間務め、一人暮らしの高齢者宅を訪問し、常に体の調子に異変がないかを確認。「高齢者の本心は高齢者しか分かりませんから」と笑う。日常の何気ない会話が生きがいだという。

 ○…現在は大学生の孫と暮らす。「『2周目』の子育ては大変ですが、一人でいるより何倍も楽しいですね」と笑顔で話す。多趣味でゴルフ、ラジオ体操、鎌倉彫りなどアクティブに活動する姿は父と重なる。12年前、父と夫を亡くした時に心の支えとなったのは地元の仲間たちだという。「義理人情に厚いまちを守っていきたい」。生まれ育った場所への熱い想いを胸に縁の下から支えていく。

南区版の人物風土記最新6

大澤 和彦さん

横浜英和学院の事務長で県私立学校教育功労者表彰を受賞した

大澤 和彦さん

蒔田町在勤 62歳

1月9日号

下平 隆宏さん

13年ぶりにJ1に昇格したサッカー・横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

1月1日号

園部 正信さん

美容室を経営し、県の「環境衛生関係功労者」に選ばれた

園部 正信さん

高根町在勤 60歳

12月19日号

山田 ベンツさん

経営するカフェにボッチャコートを設置するなど、障害がある子どもの支援に努める

山田 ベンツさん

六ツ川在勤 51歳

12月12日号

岩田 充治さん

11月から南区選挙管理委員会の委員長に就任した

岩田 充治さん

永田南在住 75歳

12月5日号

武藤 博之さん

六ツ川四丁目町内会の会長で、大災害を想定した子ども向けの訓練を企画した

武藤 博之さん

六ツ川在住 59歳

11月28日号

高木 正隆さん

保護司として藍綬褒章を受章した

高木 正隆さん

浦舟町在住 75歳

11月21日号

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月17日21:45更新

  • 1月9日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月2日11:16更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク