南区版 掲載号:2019年11月7日号 エリアトップへ

創業130周年を迎えた生花店「花松」の5代目を務める 横山 慶子さん 永田北在住 65歳

掲載号:2019年11月7日号

  • LINE
  • hatena

 ○…代表を務める「花松」は1889年創業。横浜で最初に日本花を扱う生花店として中区相生町に開業した。2018年2月に夫を亡くしてから、店を切り盛りすることになり1年半ほどが経った。「お客さんや働く仲間に元気をもらい、続けられている。この1年半で130年の歴史を引き継いでいく決心がつきました」と話す。

 ○…大阪で生まれ、中学3年のときに父親の転勤を機に神奈川へ。大学卒業後、総合商社に就職した。旅行会社が企画したスキーツアーに参加したときに花松4代目の俊一さんと出会った。花屋を手伝うようになったのは子育てが落ち着いた頃。「花嫁修業で生け花をやっていたのが役に立ちました」と笑顔。街で有名な「おしどり夫婦」として店頭に立った。

 ○…「こんにちは、お墓参りですね」とあいさつ。すぐさま「少し長めに切って包んであげて」とスタッフに指示を出す――。「お得意さんには、会話がなくても求めるものをすぐ出せるようにしています」。130年培ってきた縁は深い。創業時から付き合いがある学校や企業、個人までさまざまな場面を花で装飾し、その時々の節目に寄り添ってきた。「そんな人生の節目に立ち会えるのが花屋さんの醍醐味ですね」と魅力を語る。

 ○…永田北にある家と店舗を往復する日々。最近スタッフの助言でスポーツジムに通い始めた。「店舗と家を往復するなかでジムに寄ることで心にゆとりが持てるようになりました」と話す。4代目が主宰していたアレジメント教室を継ぎ、11月1日から3日まで130周年の記念作品展を開いた。手掛けた作品の題名は「決意」。長年の縁で駆け付けた150人が祝うなか、伝統を引き継ぐ決心をした5代目の姿があった。
 

南区版の人物風土記最新6

篠崎 達也さん

パチンコ店「ドキわくランド井土ヶ谷店」の店長で地域に根差した活動を進める

篠崎 達也さん

井土ヶ谷下町勤務 46歳

6月17日号

里見 美紀子さん

みなみ俳句会の代表で、コロナ禍に対応した「通信句会」を行う

里見 美紀子さん

井土ヶ谷中町在住 71歳

6月10日号

島田 秀世さん

5月から南火災予防協会の会長に就任した

島田 秀世さん

蒔田町在住 68歳

6月3日号

小野 健治さん

南防犯指導員連絡協議会の会長で、地域の見守り活動などを行う

小野 健治さん

山王町在住 77歳

5月27日号

栗山 文男さん

「フォトサロン97」の代表で吉野町市民プラザで写真展を開催する

栗山 文男さん

六ツ川在住 72歳

5月20日号

高橋 充さん

自身4回目の水彩画の個展を桜木町で開いている

高橋 充さん

南太田在住 73歳

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 脱炭素推進へ条例成立

    議員提案、全会一致で可決 ニッタオンライン市政報告57

    脱炭素推進へ条例成立

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    6月17日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月19日23:09更新

  • あっとほーむデスク

    6月19日16:18更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日21:51更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自筆遺言 書き方学ぶ

自筆遺言 書き方学ぶ

区講座の参加者募集

7月6日~7月6日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雨の季節

    〈連載〉さすらいヨコハマ48

    雨の季節

    大衆文化評論家 指田 文夫

    6月10日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter