南区版 掲載号:2019年12月12日号 エリアトップへ

栄養士が教える食育コラム 9 冬場のかくれ脱水にご注意ください 管理栄養士 山田恵子〈特別養護老人ホーム勤務〉

掲載号:2019年12月12日号

  • LINE
  • hatena

 脱水症=夏の暑い時期と考えてしまう方も多いのでは?夏と同様に、脱水症に注意しなければならない季節があります。それはずばり”冬”。空気が乾燥し、体から水分を奪います。

 汗や尿以外に、呼吸や皮膚から失われる不感蒸泄(ふかんじょうせつ)があります。季節や体温により変動がありますが、成人50kgの方で1日800mlほどの水分が排出されるといわれます。

冬は暖房で室内を温めているため、空気が乾燥しやすくなり、より一層、体内の水分が失われます。

 また、夏に比べて水分が奪われているという感覚が感じにくくなるため、水分補給が遅れがちになり”かくれ脱水症”になりやすいといわれています。特に高齢者の方は、のどの渇きを感じにくくなるため、年間を通して脱水の危険性が高くなります。注意してくださいね。

 かくれ脱水症で一番怖いことは、体内の水分が少なくなり、血液の濃度が増して血の塊ができやすくなることです。脳梗塞や心筋梗塞になる恐れがあるので、このような病気を起こさないためにも、水分はしっかり補給しましょう。

 白湯やお湯、温かいほうじ茶・麦茶などがおすすめですが、常温でも構いません。これらを実践し、かくれ脱水症や脳梗塞、心筋梗塞を予防しましょう。お薬により、緑茶やウーロン茶などは飲み合わせが良くないことがありますので、お薬を処方されている方は、必ずお薬手帳を確認してください。

 かくれ脱水症についてわからないことがありましたら、栄養ケアステーション白朋苑までご連絡ください。
 

直葬でも心ゆくまでのお別れを

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のコラム最新6

食物アレルギー治療の大変革

まちのお医者さんが教えます 連載コラム❶

食物アレルギー治療の大変革

完全除去から微量継続摂取へ

1月23日号

「カジノなしでも人は来る」

〈連載【9】〉米国・設計者が横浜を語る IRと横浜

「カジノなしでも人は来る」

1月23日号

南の風にのって

松山区長の

南の風にのって

ふれあいがつくる優しいまち

12月5日号

横浜の競馬場・競輪場

〈連載〉さすらいヨコハマ41

横浜の競馬場・競輪場

大衆文化評論家 指田 文夫

11月28日号

制限型対策では不十分

〈連載【8】〉依存症専門医に聞く

制限型対策では不十分

IRと横浜

11月14日号

雇用や税収増に寄与

〈連載【7】〉IR推進会議の美原氏に聞く

雇用や税収増に寄与

IRと横浜

11月7日号

光のぷろむなぁど

12月14日、15日 キャンドルのほか、コンサート、屋台など

https://www.facebook.com/ohokagawaart/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月17日21:45更新

  • 1月9日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

五輪スポーツを体験

五輪スポーツを体験

2月11日、大岡でフェスタ

2月11日~2月11日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク