南区版 掲載号:2020年2月13日号 エリアトップへ

2月に開館20周年を迎えた「六ツ川地域ケアプラザ」の所長を務める 菊池 秀明さん 六ツ川在住 40歳

掲載号:2020年2月13日号

  • LINE
  • hatena

人の温もりに感謝

 ○…所長を任されもうすぐ1年。現在は施設の節目を祝う「六ツ川地域ささえあいまつり」の準備に追われているが「まつりを共催する町内会の皆さんとアイデアを出し合うのが面白い」と話す表情は充実感に満ちている。「20周年を迎える年に所長をやらせてもらえて光栄。六ツ川のまちが盛り上がるようにサポートしたい」と意気込む。

 ○…東京都出身。高校卒業後は介護福祉士になるため、専門学校に進学した。進学の決め手は手塩にかけて育ててくれた祖父母に恩返ししたいという思いだった。「祖父母がさまざまな場所へ連れて行ってくれたから一人っ子でも寂しくなかった。生粋の”おじいちゃん・おばあちゃん子”」とにっこり。しかし、「本気で介護と向き合える自信がない」と断念。都内のダイニングバーに就職した。

 ○…ダイニングバーではホールの仕事を任された。十人十色、毎日さまざまなタイプの来店者の対応に追われた。客から褒められたり怒られたりする中で「人の温もり」を実感。「介護士の夢をもう一度追いかけてみよう」と決心。30歳の時に大岡の特別養護老人ホーム「白朋苑」に転職し、10年越しの夢を叶えた。その後、東京の実家に帰った時は祖父母の介護に努めた。「本当に恩返しできたか分からないけど、少しは祖父母の役に立てたかな」

 ○…妻と娘2人。六ツ川に住んで10年。休日に家族と近所を歩くと、利用者にあいさつされることも多い。各町内会の祭りにもよく顔を出し、今ではそれぞれの焼きそばの味の違いが分かるまでに。「皆さんの楽しそうな姿を見ると仕事の疲れも吹っ飛ぶ」と微笑む。「人の温かさを肌で感じる土地柄が大好きだから」。謙虚さと優しさで地域の輪を広げていく。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版の人物風土記最新6

田中 武志さん

3月26日付で南警察署の第80代署長に就任した

田中 武志さん

大岡在住 58歳

4月9日号

東 良暁(ひがし よしあき)さん

野球のBCリーグに新しく参入する「神奈川フューチャードリームス」に入団した

東 良暁(ひがし よしあき)さん

井土ヶ谷下町在住 26歳

3月19日号

東郷 なりささん

大岡川沿いの桜並木をテーマにした絵本「さくらがさくと」の原画展を開く

東郷 なりささん

戸塚区在住 32歳

3月12日号

三浦 寿徳さん

創部20周年を迎えた中学生硬式野球チーム「横浜南ボーイズ」の代表を務める

三浦 寿徳さん

六ツ川在住 58歳

3月5日号

山田 浩さん

創部20周年を迎える少年野球チーム「21Sイーグルス」の監督を務める

山田 浩さん

六ツ川在住 61歳

2月27日号

江澤 康彦さん

横浜植木の商品管理部に勤務し、「神奈川県優良産業人表彰」を受けた

江澤 康彦さん

唐沢在勤 56歳

2月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    4月9日19:39更新

  • あっとほーむデスク

    4月7日19:48更新

  • 4月7日19:09更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク