南区版 掲載号:2021年4月1日号 エリアトップへ

2021年度南区予算案 コロナ相談 委託で強化 感染症対策に重点

社会

掲載号:2021年4月1日号

  • LINE
  • hatena

 南区が2021年度に行う自主企画事業の予算や概要がこのほど固まった。同事業の予算は約1億円。これまでと同様に「減災」「賑わい」「健やか」「こども」の4つの重点分野を掲げた。新型コロナウイルスの感染を防ぐために、相談業務を外部委託して強化するなどしたほか、東京五輪・パラリンピックを控え、機運を高める取り組みも進める。

 市から各区に割り当てられる「個性ある区づくり推進費」の南区の21年度予算は約6億8千万円。このうち、区の裁量が大きく、独自事業に充てられるる自主企画事業費は9897万円で20年度とほぼ同額。

 15年度以降と同様に「減災」「賑わい」「健やか」(17年度までは「健康」)「こども」の4つを重点分野とした。17年度から「地域の力」が重点分野を支えることを明文化しており、21年度も区が地域の実情に応じた活動を支援し、区民と一緒に活性化に取り組む「地域の力・着実に取り組む事業」を行うとしている。自主企画事業数は21で20年度と同じ。

 「健やか元気応援事業」は20年度の約553万円から約341万円増額し、約894万円を充てた。特にこの中の「健康づくり推進事業」は新型コロナウイルス感染症対策として、区民から多く寄せられるコロナ関係の健康相談や調査、相談支援のための業務を人材派遣会社に委託する。南区のコロナ感染者は累計で1716人(3月25日時点)と市内18区で港北区に次いで多く、区職員の業務が増えていることが課題になっていた。ほかに、国民健康保険の特定健診受診率が市平均を下回っていることから、対象者に電話で受診を勧めたり、外国人加入者へ啓発を進める。

 策定が進む、第4期南区地域福祉保健計画は10月の開始へ向けて、幅広く計画を伝えていく。区は計画開始を多様な主体が連携する地域づくりの好機ととらえ、新たな担い手の発掘も意識する。

五輪の様子を放映

 「区民スポーツ支援」では、五輪・パラリンピックへの関心を高めようと、一部種目を放映する「コミュニティライブサイト」を計画する。

 地域美化を通して五輪へ向けた「おもてなし」の雰囲気を醸成するため、18年から3回行われてきた「つながり清掃ウォーク」はコロナ禍で昨年は実施できなかった。今年度は開催する予定でいる。
 

南区版のトップニュース最新6

盲導犬の役割学ぶ

弘明寺商店街

盲導犬の役割学ぶ 社会

当事者団体が初企画

5月7日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、個数不足も

5月7日号

主婦が企画 初マルシェ

主婦が企画 初マルシェ 経済

こどもの日に六ツ川で

4月29日号

端末27万台、運用開始へ

市立学校

端末27万台、運用開始へ 教育

配布完了 ICT化へ一歩

4月29日号

香港民主化 写真で伝える

伏見町の中村さん

香港民主化 写真で伝える 社会

最前線撮影の作品展

4月22日号

ライン操作法を学ぶ

六ツ川地区連合

ライン操作法を学ぶ 社会

市企画の講座に参加

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    5月6日11:18更新

  • あっとほーむデスク

    5月5日10:06更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter