保土ケ谷区版 掲載号:2015年4月23日号 エリアトップへ

育生会横浜病院の院長に4月から就いた 長堀 優さん 狩場町在勤 56歳

掲載号:2015年4月23日号

  • LINE
  • hatena

医師の在り方 日々模索

 ○…「寄り添い支える『ケア』という考え方がとても大事な時代だと強く感じているんです」。人類が経験したことがない超高齢化時代を迎え、「ケアの充実」を医療の柱と考える。「大切なのは患者さんがいかに自分らしく、どのように生涯を全うできるか」。多くの患者やその家族と接する中で「死は医療の敗北とされていた」若い頃には思いも及ばなかったというこの境地にたどり着いた。この春、院長に就いた狩場町の丘に建つこの病院で、医師人生を全うする。

 ○…水産庁の調査船に船医として半年間、乗船した体験をもとに綴った北杜夫のエッセイ「どくとるマンボウ航海記」。少年時代に出会ったこの1冊が医療人人生への玄関口だった。当時は「海外への憧れ」を抱いたが、「いまとなれば船医の外科的な仕事ぶりに無意識のうちに憧れていたのかもしれない」と回顧する。群馬大医学部を卒業し、研修医を経て横浜市大付属病院に入局。外科医として最先端医療の研鑽を積んだ。

 ○…医師として緊張感に包まれた時間を過ごす日々。オン、オフの切り替えに重きを置き、友人と過ごすワインバー巡りは癒しの時間のひとつ。若い頃は「日本酒党」だったが、42歳の時、尿管結石を患ったことを機に医師の指導で「ワイン党」に路線変更した。週2度のジョギングも無になれる時間。「呼吸に集中して一種の瞑想に近いのかも」。ゆっくりと目をつむった。

 ○…30歳代前半に体験したがん患者とのやり取りが忘れられない。自身の体が蝕まれていることを知らないはずのその患者が、栁田邦男の著書「『死の医学』への序章」を柔らかい笑みを浮かべながら差し出した。「『先生、分かってますよ。旅立つ準備はできてますから』――。そう言われているようだった」。医療人としての在り方を模索し続けた医師人生。たどり着いた理想「寄り添い支える医療」を実現させる新たな舞台に立った。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

島 馨(しまかおる)さん

優良運転者で「交通栄誉章緑十字銀章」を受章した

島 馨(しまかおる)さん

川島町在住 86歳

2月20日号

那須 健二さん

(一社)横浜相撲甚句会の会長を務める

那須 健二さん

上星川在住 79歳

2月13日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

37歳

2月6日号

苅部 博之さん

受験シーズンに合わせて「受かるべ大根」を販売する

苅部 博之さん

西谷在住 49歳

1月23日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月16日号

佐藤 果南さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

佐藤 果南さん

都筑区在住 20歳

1月9日号

下平 隆宏さん

サッカー・J1リーグへ13年ぶりに昇格した横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク