保土ケ谷区版 掲載号:2017年4月6日号 エリアトップへ

西谷町の農家苅部博之さん オリジナル葱を開発 大根につづき2品目

社会

掲載号:2017年4月6日号

  • LINE
  • hatena
開発した葱を手にする苅部さん
開発した葱を手にする苅部さん

 西谷町の農家・苅部博之さん(46)が9年ほど前から挑戦していたオリジナル葱の開発に成功した。同地域の在来品種「西谷ねぎ」にさまざまな品種を掛け合わせ完成した「苅部ねぎ」は根元が赤みを帯びたもので、4月12日(水)から苅部さんが作ったさまざまな野菜が並ぶ相鉄線西谷駅近くの直売所「FRESCO」で販売される。

 60年ほど前から西谷町で栽培されている「西谷ねぎ」は、甘みがあり、柔らかく、風味豊かな「伝統野菜」だが、形が揃いにくいことや傷みやすいこと、通常の葱であれば8カ月から10カ月ほどの栽培期間が1年7カ月と長いことなどを理由に、栽培する農家が数少なくなっている。

守るのではなく発展が必要

 この状況に「守り続けるだけではなく、発展させなくては」と、新品種の開発を開始。西谷ねぎに海外も含めた品種と交配を重ねる作業を根気強く続けた。

 花が咲く時期が異なったり、採種できるまでに時間がかかることから、当初は「20年後くらいに完成すれば」と考えての挑戦だったが、昨年から赤い色彩がはっきり出てくるようになり、手応えを感じていたという。

 3月に入り収穫した「苅部ねぎ」を普段から野菜を卸す飲食店関係者に提供すると高い評価を受けた。しかし、苅部さんは「完成はしたが、これからが始まり。改良を重ね、将来的には西谷ねぎを超えるものにしていきたい」と話す。

自らの名を冠した世界にひとつの野菜

 江戸時代から13代つづく農家として23年前に就農した苅部さんは当時、横浜産の野菜の「ブランド力」が弱いことを痛感したという。ここに原点がある。「世界にひとつだけの野菜を」と、オリジナル野菜の開発を考えるようになった。

 7年前、9年の歳月をかけ完成させたのが「苅部大根」。葉まで赤い大根を徐々に改良し、赤みを帯びた大根に仕上げた。今回の葱は2つ目の「苅部ブランド」となる。「『苅部ねぎ』が提供できるのは4月末までだが、多くの方に味わって頂ければ」と話している。問合せは苅部さん【携帯電話】090・2646・4147へ。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 教育

働き方改革の一環で

4月15日号

下平監督を解任

横浜FC

下平監督を解任 スポーツ

J1昇格の立役者 成績不振で

4月15日号

「地場ワイン」仕上がる

「地場ワイン」仕上がる 社会

話題呼び、予約で完売

4月8日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

4日から一時移転

休日急患診療所

4日から一時移転 社会

来年3月まで岩間町に

4月1日号

世帯単位での設置も補助

感震ブレーカー

世帯単位での設置も補助 社会

要件満たせば取付代行も

4月1日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.shin-shin.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 2月16日16:30更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

2度目の公会堂大会

全日本プロレス

2度目の公会堂大会

28日、注目リーグ戦も

4月28日~4月28日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter