保土ケ谷区版 掲載号:2019年3月21日号
  • LINE
  • hatena

「防犯川柳コンクール」で選者を務める 金子 美知子さん 釜台町在住 83歳

共鳴してもらえる句を

 ○…保土ケ谷区役所が5年前から始めた犯罪被害防止などを呼びかける「防犯川柳コンクール」。同コンクールの審査に初回から携わっている。「防犯についての関心が高まっているのか、今年はたくさんの句が寄せられた。年々上達してきていて、分かりやすく表現しようと思いを込めているのが伝わってくるから選ぶのが本当に難しかった」と審査の舞台裏を話す。

 ○…文芸、特に詩を書くことが好きだったという青春時代。川柳との出会いは高校卒業後、就職した時の事。川柳をやっている人から句を見せてもらい、「表現は難しいのだけれども、内容が心の中に情景を思い浮かばせるような句で感覚的に『すごいなあ』と思った事を思い出す」と紙に一句一句書き起こし、句に込められた思いを丁寧に、嬉しそうに話す。

 ○…結婚を機に一時川柳から離れていたが、「川柳に惹かれる思いがずっとあって、『書きたい、表現したい』という気持ちに溢れていて」と子育てが落ち着いた40代の時、再び川柳の世界へ。神奈川県内でも歴史が古く、大規模な大会、「京浜川柳大会」で優勝するなど、実績を重ねて来た。「書いた句に読み手が共鳴してくれたり、感動してくれたら作者冥利に尽きる」とこれまで歩んできた川柳の道を振り返る。

 ○…県内で長い歴史を誇る川柳「路」吟社の主宰を16年間にわたり務めてきた。「周囲の協力があったからこそ、無事にここまで続ける事ができた」と周囲への感謝の言葉を話す。「そろそろ若い人たちにも引き継いで歴史を積み重ねていってほしい」と務め上げてきた主宰を今年度で退任するが、その表情に清々しさもうかがわせる。そして「思い切った作品を作っていきたい」。17文字に込められた言葉の世界への情熱は尽きることはない。

保土ケ谷区版の人物風土記最新6件

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

4月18日号

鷲山 龍太郎さん

アワーズが主催する講座「地層で学ぶ保土ケ谷の歴史」の講師を務める

鷲山 龍太郎さん

4月11日号

佐久間 信義さん

横浜環境活動賞の実践賞を受賞した保土ケ谷区民会議環境分科会の座長を務める

佐久間 信義さん

4月4日号

南 博司さん

保土ケ谷警察署とドローン協定を締結したJINSOKUTSUの社長

南 博司さん

3月28日号

田口 圭子さん

精神障害の研修会で体験談を話した区自立支援協議会・精神部会のメンバー

田口 圭子さん

3月14日号

竹平 晃子さん

NHK横浜放送局でキャスターを務める

竹平 晃子さん

2月28日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月4日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク