保土ケ谷区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

(PR)

「災害に強い家」への第一歩 屋根から始める地震対策 軽量化で家族と財産を守る

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena

 50年以上にわたり地域の建設業をリードしてきた和田町の昭和建設(株)(工藤圭亮代表取締役)は、新時代の幕開けに合わせ「安心住宅みまもり隊」事業部を発足させた。今後、総合建設会社の強みを活かし、トータルプランナーとして多角的な視点から、安全で安心して暮らせる住まいに関するさまざまな情報を提供すると同時に相談に応じる。今回は地震に強い家について話を聞いた。

30年以内に震度6弱80%

 平成時代を振り返ると大規模な地震だけでも阪神淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災、熊本地震、北海道胆振東部地震など「災害が頻発した時代」と表現されるケースもある。

 横浜では今後30年以内に震度6弱以上の地震が発生する確率は80%以上と言われている中、家族と財産を守ることが重要な情報であることは時代が変わっても変わらない。

 国内には大きな地震を起こす可能性の高い活断層が複数あり、30年以内にM7・0級の地震発生確率が1%未満と推測されていた熊本でも大地震が起こったことを考えると、日本全国どこで大地震が起こってもおかしくはない状態だ。

 多くの家屋が倒壊した阪神淡路大震災では死者の約9割が建物倒壊に起因しているものだったという。「地震で倒壊した家屋の多くは屋根に重い瓦が乗っていました。屋根が重いと建物全体の重心が高くなり揺れ幅が増大します。これにより倒壊リスクが高まります。地震に強い家にするためには屋根を軽くすることは非常に重要です」と工藤社長。

日本瓦に比べ重量90%減

 そこで同社が提案するのが瓦屋根の風合いを崩さず軽量化を実現することができる「瓦調ガルバリウム鋼板」への葺き替えだ。

 屋根の葺き替えをする際「以前の雰囲気と変わってしまうのでは」という不安があるが、金属成形瓦なので大丈夫。家の意匠を残しながら「災害に強い家」に生まれ変わらすことができる。

 従来の日本瓦に比べてその重量はおよそ90%軽く、重心が低いので地震の際の揺れ幅を軽減。条件が整えば工事費用の一部について行政補助を受けることもできるという。

どんなに小さな「困った」でも解決

 新しい時代の幕開けに大切な家族のために自宅の安全性について考えてみてはいかがだろう。「みまもり隊事業部では『住まいのお悩み』に関して、どんなに小さなことでもご相談に応じさせていただきます」と工藤社長。

昭和建設㈱

横浜市保土ケ谷区和田1‐13‐21 工藤ビル2階

TEL:0120391052

http://www.showakensetu.co.jp/

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6

「内視鏡検査で早期発見を」

近年増加傾向にある「大腸がん」 医療レポート

「内視鏡検査で早期発見を」

取材協力/育生会横浜病院

5月23日号

鉄則は”3社以上の相見積もり”

外壁塗装

鉄則は”3社以上の相見積もり”

小冊子「外壁塗装のヒミツ」無料進呈中

5月23日号

不動産や相続に関する無料の税務相談会

提携税理士による

不動産や相続に関する無料の税務相談会

三井住友トラスト不動産 横浜第一センターで

5月16日号

初心者向け「声楽教室」

好評の「1コインレッスン」

初心者向け「声楽教室」

現在、参加者を募集中

5月16日号

1800種のバラ見頃

1800種のバラ見頃

横浜イングリッシュガーデン

5月16日号

イスの張替えはお任せ

イスの張替えはお任せ

家具修理専門「家具のサイトウ」

5月16日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク