保土ケ谷区版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

権太坂心剣会道場 トルコ人に武術指導 「母国にしっかりと伝えたい」

社会

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena
真剣な表情で槍術指導を受ける
真剣な表情で槍術指導を受ける

 権太坂にある居合や剣術などを学ぶ「心剣会道場」で7月下旬から8月上旬にかけて4人のトルコ人が武術指導を受けていた。

 これは、世界各地に武術の普及活動を行っていた「居合道継正会」の師範・栗林征喜さんが数年前にトルコで出張指導したことをきっかけとしたもの。指導を受けて武術に興味を抱いた4人はそれぞれ年齢も職業も異なるが、「日本でどうしても学びたい」と熱望し、休暇を取得し来日した。

 武術指導は2週間にわたりスケジュールが組まれ、毎日居合や剣術、槍術など多岐にわたる稽古を行ってきた。7月末に同道場で行われた稽古では、刀や槍、杖などあらゆる武器を駆使して技を学び心身を鍛錬する「荒木流軍用小具足」の範士、豊田良樹さんらが槍術を指導。4人は「脇払」や「右脇構」、「袈裟切」などといった技の動作を手取り足取り細かく教わりながら「えい」と気迫のこもった声で稽古に取り組んでいた。

 2004年から居合道を始め、2010年に栗林さんの弟子になったという大学勤務のエルデム・エルズルムさん(37)は「先生たちから武道を学べて毎日が楽しいし、大きな事から小さな事まで新たな発見がある。母国に帰って武術を学んでいるほかの生徒にも先生の教えをもしっかりと伝えていきたい」と日本語で丁寧に話した。豊田さんは「武道に興味を持って遠い中、わざわざ来てくれてどん欲に技を吸収しようとしてくれている。伝えられるものをできる限り伝えていきたい」と話した。
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

地場野菜ズラリ

地場野菜ズラリ 社会

あす区役所前で朝市

5月26日号

3年ぶりの賑わい

3年ぶりの賑わい 文化

星川で花フェスタ

5月26日号

放課後の居場所開設

橘中学校

放課後の居場所開設 教育

NPO法人が運営

5月26日号

伝統工芸で国際交流

伝統工芸で国際交流 文化

ワークショップの受付中

5月26日号

雨音に負けず歌唱

区の歌合唱団

雨音に負けず歌唱 文化

現役区長も初参加

5月26日号

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 社会

NPOがスタッフ募集

5月26日号

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook