鶴見区版 掲載号:2015年1月29日号 エリアトップへ

馬場ケアプラザが開所 交流拠点に 念願叶う

社会

掲載号:2015年1月29日号

  • LINE
  • hatena
2月オープンの馬場地域ケアプラザ
2月オープンの馬場地域ケアプラザ

 入江川遊水池内=馬場7の11の23=に建設中だった地域の福祉活動拠点となる馬場地域ケアプラザが完成し、2月1日に開所する。1月26日には関係者らによる開所式が開かれ、長年建設を要望していた住民らは「交流拠点にしたい」と喜んでいる。

 ケアプラザは、安心して暮らせる地域づくりの拠点として、福祉・保健サービスを提供する施設。区内では9カ所目の設置となる。

 敷地総面積は1220・91平方メートルで2階建て。地域交流拠点としての機能強化を図るべく、多目的ホールを2室と従来のケアプラよりも多く設置している。他にもボランティアルームや調理室、地域ケアルーム、相談室などが置かれ、福祉保健活動の充実を目ざしている。

 指定管理者として運営するのは、市内を中心に訪問介護などの福祉サービスを展開している社会福祉法人秀峰会(櫻井大理事長)。現在、市内各地でケアプラザを運営しており、馬場で6カ所目となる。桜井理事長は「人と人とのつながりをサポートする施設になれば」と意気込む。

3本柱で事業展開

 スタッフは12人。寺尾第二地区を担当し、事業は講座などを通して交流を深める「地域活動・交流」、社会福祉士が窓口となって相談を受ける「地域包括センター」、適切なサービスを利用できるようケアマネジャーがケアプランを作成する「居宅介護支援事業」の3つを柱に展開していく。

 所長に就任した芳賀一巳さん=人物風土記で紹介=は「はじめは体操教室を予定している。健康志向の教室で地域の福祉向上に尽力したい」と話す。

「空白地」解消へ

 寺尾第二地区はこれまで、区内で唯一ケアプラザが置かれていない地域だった。住民にとって最寄りのケアプラザは東寺尾に置かれており、急な坂を上らなければならなかった。そのため高齢者を中心に、近隣にケアプラザを設置して欲しいとの声が長年寄せられていた。市内では最後から2番目の設置となる。

 開所式では宮野昌夫寺尾第二地区連合会会長が「桜の木を残すといった地域の要望を受け入れてもらい、すばらしいケアプラザをいただけた。交流を深める拠点としたい」と話し、念願の開所を喜んだ。

 開館時間は午前9時から午後9時(日曜・祝日は午後5時)まで。問合せは【電話】576・4231、相談専用窓口は【電話】576・4232(閉館後も転送電話で24時間対応)。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

「市民の安全・安心支える」

「市民の安全・安心支える」 経済

林市長、新年度の思い語る

4月2日号

鶴見消防団に大臣感謝状

鶴見消防団に大臣感謝状 社会

団員大幅増が評価

4月2日号

鶴見中央に“まちのリビング”

鶴見中央に“まちのリビング” 社会

市民整備 4月1日から

3月26日号

市内経済に深刻な影響

新型コロナ

市内経済に深刻な影響 経済

融資認定832件、31億円超

3月26日号

ハマ弁を中学校「給食」に

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」に 教育

3月末までに原案策定

3月19日号

”防災のまち”に大臣賞

市場西中町

”防災のまち”に大臣賞 社会

16年 地道な取組に評価

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク