鶴見区版 掲載号:2015年12月17日号 エリアトップへ

潮田中平安小 マーチングで全国へ 最高の演技目指し追込み

教育

掲載号:2015年12月17日号

  • LINE
  • hatena

 潮田中学校と平安小学校のマーチングバンドが、12月19・20日に埼玉県で開かれるマーチングバンド全国大会へ出場する。今回で潮田中は8年連続、平安小は5年連続と、全国出場経験を重ねてきた2校だが、過去の成績に甘んじることなく猛練習に励んでいる。

 潮田中学校YOKOHAMA Pacific Windsは、1年生から3年生までの部員56人が所属。

 各自の自主性が高く、部員のみでの全体練習も行う。本番直前の練習でも、指揮を執る3年生が厳しい言葉を投げかけ、全員が力一杯の返事で応えていた。 マーチングバンドで見られることの多い「カラーガード」と呼ばれるフラッグを使ったパフォーマンスがない同校の演技は、演奏者の表現力が要。「スピーディーかつ最大限に体を動かす表現力が求められ、日ごろの練習は重要」と顧問の片山達矢教諭は話す。

 但野希帆部長(3年)は「地域の応援もある。部員一丸で最優秀賞を目指したい」と意気込む。

 平安小学校マーチングバンドは、3年生から6年生までの51人が活動。委員会活動や学年で異なる時間割によって、本番まで全員が揃わないこともあるが、各メンバーが工夫をしながら練習を積んできた。

 「長いフレーズに苦戦しているメンバーがいる時は、分解して一つ一つ教えるようにしている」と齊藤羅部長(6年)は話す。

 神奈川県内の小学校バンドは、全国的にも競争は熾烈という。顧問の吉田至徳教諭は、「妥協は許されない世界。メンバーは常に自分を見つめ直し限界を決めないことを心がけやってきた。感謝の気持ちを込め、最高の演技ができれば」と話している。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

“食”で留学生など応援

“食”で留学生など応援 社会

地元企業3者がコラボ

1月14日号

「敵はコロナ」 共同でチラシ

区内個人飲食店

「敵はコロナ」 共同でチラシ 経済

鶴見中央7店 販促シェア

1月14日号

地域活性化へ“新様式”模索を

区長インタビュー

地域活性化へ“新様式”模索を 社会

前例とらわれず、区民とともに

1月7日号

石川区連長に総務大臣賞

石川区連長に総務大臣賞 社会

自治会での功績に評価

1月7日号

「コロナ対策、最優先に」

林市長インタビュー

「コロナ対策、最優先に」 政治

IR誘致は継続へ

1月1日号

新成人 5年ぶり減少

2,698人が門出 鶴見区

新成人 5年ぶり減少 社会

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク