鶴見区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

令和2年度 ⅤOL4 山田かずまさ市政報告 11月は子ども虐待防止月間『子どもを守る』を考える

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena

 毎年11月は児童虐待防止推進月間と定められています。横浜市では平成26年に「子ども達を虐待から守る条例」を制定し、この期間、市内各所を子ども虐待防止のシンボルカラーであるオレンジにライトアップするなど活動を行っています。

 『オレンジリボン』の着用は、この活動に賛同するマークとされ、市職員が着用するなど、子ども虐待防止の啓発に一役買っているところです。

 また、虐待かもと思った時などに、すぐに児童相談所に通告・相談ができる全国共通の電話番号『189』(イチハヤク)も、24時間体制に整備されました。

 さらに、本年7月からはLINEを使った相談「かながわ子ども家庭110番相談LINE」も開始されています。

 私も、法律家として、政治家として、児童虐待防止の取り組みをライフワークとしており、昨年の当選以来、当局に対して、様々な場面で「子どもを守る」視点からの質問を行ってきました。

 学校休校期間中であった本年4月、自民党コロナ対策本部による提言「横浜市立学校における学校休校期間における児童虐待防止の取り組みの徹底」の作成に携わり、広報の充実・上記のLINE相談の実現など一定の成果をあげることができました。

 しかし、生後1歳未満を中心に虐待事例の報道は後をたちません。コロナウイルス感染症の拡大で、休校や外出自粛、経済的な不安などから家庭内のストレスが高まり、子ども虐待のリスクはさらに大きくなっているとも言われています。

 鶴見区は市内でも子ども虐待の通報件数が高い傾向にあり、平成31年3月には火傷の3歳女児が放置され、5歳の兄の助けで発覚するという事件も区内で発生しました。

 子ども虐待の問題は、遠い街で起きるニュースの中の「他人ごと」ではなく、私たちの街の、社会の「自分ごと」なのです。この11月、子ども達に関わる全ての人が、いつもより、ほんの少しだけ多く「子どもを守る」を考えてみること。その積み重ねが虐待の防止に繋がると考えています。

横浜市こども虐待防止キャラクター・キャッピー
横浜市こども虐待防止キャラクター・キャッピー

山田かずまさ

横浜市鶴見区寺谷1-3-2

TEL:045-584-1133

鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

横浜市の不妊治療の支援策

誰もが産みやすいまちを目指して 市政報告みちよレポ【17】

横浜市の不妊治療の支援策

横浜市会議員(自民党)東みちよ

5月19日号

県教育委員会におけるヤングケアラー支援を実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」68

県教育委員会におけるヤングケアラー支援を実現

公明党 鈴木 ひでし

5月12日号

平和推進の取組進める

市政報告太'sレポート 125

平和推進の取組進める

横浜市会議員 公明党 尾崎太

4月28日号

信頼そのままに。

意見広告

信頼そのままに。

衆議院議員 中西けんじ

4月14日号

県の公式ホームページの全面刷新を実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」67

県の公式ホームページの全面刷新を実現

公明党 鈴木 ひでし

4月14日号

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

自民党横浜市会議員団

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

募金280万円をオデーサ市に国際送金

4月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook