神奈川区版 掲載号:2016年9月8日号 エリアトップへ

青木第二自治会町内会連合会の会長として地域活動に取り組む 澤 兼一郎さん 鶴屋町在住 79歳

掲載号:2016年9月8日号

  • LINE
  • hatena

「和」重視のリーダー

 ○…青木第二地区社協と共催して9月11日、「物資運搬訓練」を行う連合会の会長。災害時に救援物資が地域防災拠点に届いたという想定のもと、運搬担当者が6自治会町内会を経由し、障害者や独居高齢者など約180世帯へ水や缶詰などを配布する。「東日本大震災をきっかけに始めた。いざという時の助け合いに役立てたい」。5回目となる今年は、無線機による情報交換も行う予定だ。

 ○…東京都出身。4人妹弟の長男。鉄道員だった父の転勤で中国へ。終戦を現地で迎え、日本へ引き揚げるまでに半年を要した。「大勢の日本人とともに貨物列車を乗り継ぎ、親戚の住む横浜を目指した」。青木小から栗田谷中へ。あたり一面焼け野原で、川には資材を積んだ小舟が並んでいた。「あっという間に横浜駅西口が開発されていった」と当時の様子を語る。

 ○…県商工へ進学。水泳部では「校内大会のエース」。珠算1級を取得し、高3時に自宅でそろばん塾を始めた。「多い時で20人。リンゴ箱を机代わりにしていた」。就職した会計事務所の仕事が多忙となり、6年で廃業。「いまだに、澤さんにそろばんを教えてもらったと言われる」と笑う。中小企業の帳簿チェックや税務申告の手伝いが主な仕事。「当時はパソコンが普及しておらず、そろばんが役に立った」。退職後、体重維持のために晩酌をやめた。「健康づくり」と称し、暇を見つけてはゴルフ場に足を運ぶ。

 ○…妻に支えられ、30年前に会計担当として町内活動をスタート。8年前から青木第二の連合会長に。今夏までの2期4年、区民協議会の代表委員も務めた。「舵取りは『和』を心がけている。リーダーシップがないから皆さんの力を借りている」と謙遜するが、連合では盆踊りやバス旅行、グランドゴルフなど、住人が集う機会を増やしてきた。「いずれは後進に道を譲らなくては」。言葉とは裏腹に、現役続行の意思が見て取れた。

神奈川区版の人物風土記最新6

桜井 大地さん

神奈川大学学生ボランティア活動支援室の代表で、まち×学生プロジェクトでも活躍する

桜井 大地さん

六角橋在住 21歳

11月19日号

島崎 和久さん

羽沢小学校PTA会長で、50周年実行委員長を務める

島崎 和久さん

羽沢町在住 49歳

11月12日号

金田 喜稔さん

元サッカー日本代表で、FC T.BRUEのスーパーバイザーを務める

金田 喜稔さん

青葉区在住 62歳

11月5日号

白石 洋子さん

記念事業実行委員長として、西寺尾小学校の創立70周年記念式典の企画運営を務める

白石 洋子さん

神之木台在住 50歳

10月29日号

松信 健太郎さん

県内を中心に40店舗展開する(株)有隣堂の社長に就任した

松信 健太郎さん

港北区在住 47歳

10月22日号

大鈴 はるみさん

女性アイドルグループ「仮面女子」のメンバーで、2代目おおだこポリスとして防犯活動を行う

大鈴 はるみさん

区内在住 20歳

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク