神奈川区版 掲載号:2020年3月19日号 エリアトップへ

アイスホッケー 小学生県選抜 幻の全国 悔しさ糧に飛躍を 新型コロナで大会中止――

スポーツ

掲載号:2020年3月19日号

  • LINE
  • hatena
最後の紅白戦に臨んだ選抜チーム
最後の紅白戦に臨んだ選抜チーム

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月26日から長野県で開催予定だった「第15回全日本少年アイスホッケー大会(小学の部)風越カップ」が中止となった。神奈川県選抜は2年連続で出場を決めていたが、6年生は思わぬ形でシーズンを終えることに。それでも「こういう終わり方もいい経験。これまで応援してくれた人たちに感謝したい」と前を向く。

 ジュニアを対象にしたチームは県内に5クラブあり、夏の全国大会を前に実施するトライアウトで20人程度が選抜入りする。横浜銀行アイスアリーナ=広台太田町=を拠点に週1回の合同練習を行い、今年も3月の全国出場を目標に、22人の選手がトレーニングに励んできた。

 県選抜は関東予選を順当に勝ち上がり、4年ぶりの出場となった昨年に続き全国の切符をつかんだ。小森和之監督は「強豪ぞろいの北海道勢とも戦えるいいチーム」と評し、選手たちも「前回大会を上回る成績を」と一意奮闘するさなかの凶報だった。

◇◇◇◇◇

 3月3日の夜、大きなバッグを抱えた選手たちが同アリーナに姿を見せた。今シーズン最後の練習に臨むためだ。はやる気持ちを抑えて青と白の選抜ユニフォームに着替えると、颯爽とリンクに飛び出して紅白戦を繰り広げた。

 キャプテンの北川太陽君(6年/新横浜ジュニアアイスホッケークラブ)は、「悔しい気持ちもあるけれど、引きずっていてもしょうがない。最後にみんなと試合ができてよかった」と清々しい。中学校でも競技を続け、「聖地」北海道の高校に進学する予定だ。ゴールキーパーの樋口諄君(同/横浜スターズ)は、「毎試合、1点も取らせないという気持ちで戦ってきた」といい、最後尾から人一倍大きな声を出してチームを鼓舞した。中学校でも、選抜で守護神の座を勝ち取りたいという。

 下級生は、来シーズンの選抜入りと全国でのプレーを目標にクラブへ戻る。それぞれが決意を期した最後の紅白戦。試合後の選手たちは、リンクの氷に負けない白い歯をのぞかせた。

神奈川区版のローカルニュース最新6

総額10億円の就学支援

【Web限定記事】

総額10億円の就学支援 教育

三幸学園「コロナ困窮」の在籍生に

5月21日号

神大、遠隔講義始まる

【Web限定記事】

神大、遠隔講義始まる 教育

環境整備に一律5万円給付

5月21日号

持ち帰り店舗、一覧に

【Web限定記事】

持ち帰り店舗、一覧に 経済

六角橋商店街がHP制作

5月21日号

医療物資を市に寄贈

【Web限定記事】国際ロータリー第2590地区

医療物資を市に寄贈 社会

新型コロナ対策

5月21日号

食の支援、寄付を募集

【Web限定記事】横浜市社協

食の支援、寄付を募集 社会

6月15日まで

5月21日号

「近所でも距離保って」

【Web限定記事】

「近所でも距離保って」 社会

六角橋西町、住民に注意喚起

5月21日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    5月18日19:51更新

  • あっとほーむデスク

    5月11日19:51更新

  • あっとほーむデスク

    5月1日20:42更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク