高津区版 掲載号:2013年1月25日号
  • googleplus
  • LINE

川崎国際環境技術展 高津区が3年連続の出展 エコの取り組みをPR

親子で楽しむ姿も(昨年)
親子で楽しむ姿も(昨年)

 とどろきアリーナで来月開催される川崎国際環境技術展2013に、「エコシティたかつ」を推進する高津区が行政では唯一、3年連続で出展する。区民や有識者らと進めてきた自然環境を守る取り組みを、楽しんで体感できるように工夫したブースでPRする。

 川崎国際環境技術展は、川崎市の環境への取り組みや国内外の企業が持つ優れた環境技術を、川崎から発信することを目的に開かれており、毎回環境技術に興味を持つビジネスマンや市民が多数訪れ賑わいを見せる。今年で5回を数える同展は、2月1日(金)、2日(土)午前10時から午後5時まで、とどろきアリーナ(中原区等々力)で開催される。

 高津区はこれまで、「100年後のたかつのまちのために。」を合言葉に、地球環境を守るための事業「エコシティたかつ」を推進している。例年ゴーヤーなどを使った緑のカーテンの普及やエコ・エネライフコンクールを実施し、小学校にビオトープを作る学校流域プロジェクトを進めている。

 「企業等の環境への取組関連」という分野の中、行政では唯一の出展になり、民間企業などに混じって区が取り組んできた「エコシティたかつ」をPRする。

 今回は同事業のひとつ「自然の賑わいづくり」をテーマに緑に覆われたブースを構える。区内で採取した、自然の生態系を崩しかねない外来種の植物を展示、実際に植物や生物に触れられるようにする予定になっている。また、高津区の地形を模型で表し、ビー玉で水の流れを体験できるなど子どもたちでも楽しめる内容を企画。これまでの活動報告や事業説明などのパネル展示も行う。企画を進めてきた区役所職員は「高津の豊富な自然を集め、触れられるような展示にします。楽しみながら学んでほしい」と話している。

 今年は国内外の企業や研究機関、大学など143団体のブースが出展、市民が気軽に環境技術に触れられようになっている。また、隣接する市民ミュージアムでは企画展「環境ショーケースかわさき」を実施、川崎の環境への取り組みや昔と今の市民の暮らしの変化などを映像などで描く。

 イベントの問い合わせは川崎国際環境技術展実行委員会事務局(【電話】044・200・2313)まで。
 

高津区版のトップニュース最新6件

「友引」 火葬受け入れへ

市営2施設

「友引」 火葬受け入れへ

4月13日号

「事故ゼロ」めざし50年

高津区「母の会」

「事故ゼロ」めざし50年

4月13日号

新栽培アスパラが初出荷

溝口など4駅で道路整備

自転車安全対策

溝口など4駅で道路整備

4月6日号

校内看護「やっと拡充」

医療的ケア児

校内看護「やっと拡充」

3月30日号

市民2人が人命救助

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク