高津区版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

「自閉症への理解を」 「たまりば」が映画上映会

文化

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena
トークショーで語る山下さん
トークショーで語る山下さん

 不登校の児童、生徒などが集う「フリースペースえん」を運営するNPO法人「フリースペースたまりば」は、自閉症などの発達障害への市民の理解を深めてもらおうと、2月14日、高津区役所で自閉症をテーマにした映画『ぼくはうみがみたくなりました』(2009年公開)の上映会と、原作者のトークショーを開催した。

 親子連れを含む約70人が来場。自閉症の青年と女性看護学生との心の交流を描き、文部科学省推薦作品などにも選ばれている同作品を鑑賞した。

 原作者の山下久仁明さんは、自身も自閉症の息子を育てた経験を持つ。映画制作を思い立ったころ、不慮の事故で息子が急逝。失意の中でカンパを募り、3年を掛けて同作品をつくり上げた。山下さんは「(深い悲しみの中にあっても)映画づくりを諦めなかった。多くの人が見に来てくれて嬉しい」と語った。

 「たまりば」の西野博之理事長は「自閉症についてきめ細かく描かれていて素晴らしい映画。どうすれば発達障害のある人たちにとって少しでも生きやすい社会をつくることができるのか、考えるきっかけにしてほしい」と話していた。

 西野理事長によると、近年、全国的に自閉症を含む発達障害児数が増加。「たまりば」は今後も、発達障害への理解促進に向けた活動に力を入れていくとしている。

高津区版のローカルニュース最新6

衣装でイベント下支え

川崎フロンターレ応援特集

衣装でイベント下支え スポーツ

クラブ公認ボランティア

9月24日号

原点は「その先の笑顔」

川崎フロンターレ応援特集

原点は「その先の笑顔」 スポーツ

クラブスタッフ 若松慧さん

9月24日号

3カ月、全館休館

川崎市民プラザ

3カ月、全館休館 社会

老朽化のため大規模工事

9月24日号

「結果で川崎に恩返しを」

川崎フロンターレ応援特集

「結果で川崎に恩返しを」 スポーツ

DF 山根視来選手

9月24日号

終盤戦イベント目白押し

川崎フロンターレ応援特集

終盤戦イベント目白押し スポーツ

川崎にまつわる企画も

9月24日号

「9月大会」はプロ仕様で

ムサシボウル「新トーナメント」

「9月大会」はプロ仕様で スポーツ

激戦2日間に25人が参加

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook