高津区版 掲載号:2017年1月20日号
  • LINE
  • はてぶ

溝口駅 南口広場ついにオープン 1月29日に全面供用開始

社会

工事が進む南口広場
工事が進む南口広場

 溝口駅南口の広場が1月29日(日)に全面供用開始となる。総事業費は約130億円。都市計画事業として1983年に事業着手され、完成までに34年を要した。広場の完成で駅利用者の利便性の向上が期待される。

 溝口駅南口広場の整備着手は83年。当時、バスは溝口駅まで走らず、手前の片町交差点止まりだったという。その後、89年(平成元年)に暫定的な広場ができ、バスの乗り入れが可能になった経緯がある。

 09年にはペデストリアンデッキが完成、15年には地下駐輪場が供用開始され、広場の完成が待たれていた。10年当時は14年度完成を目標にしていたが、地盤が想定よりも緩かったなどの理由から16年度の完成に延期していた。

 事業着手から34年が経過したことについて市当局は「用地取得が難航したことなどが理由にあげられる」と話す。

 広場の供用開始は1月29日(日)から。バスは始発から広場の利用となるが、タクシーや一般車両の広場への乗り入れ時間は現在調整中という(1月13日現在)。

 広場にはタクシー乗り場が新たに設けられ、バス停が5カ所設置される。これまでタクシー乗り場、2カ所のバス停が広場に面した野川柿生線にあり、通行の妨げになっていた。

 バス停が駅に近くなり屋根も設けられる。一般車両の乗降場も2カ所設置されるなど、駅利用者の利便性の向上が期待される。

 太陽光パネルやLED照明でエコにも配慮した。

 また、28日(土)には完成を記念して式典が開かれる。
 

高津区版のトップニュース最新6件

歓喜のリーグ2連覇

川崎F

歓喜のリーグ2連覇

11月16日号

運用43カ所 想定の半数

川崎市寺子屋事業

運用43カ所 想定の半数

11月16日号

後継ぎ不足、廃業に「待った」

市、商議所など4者

後継ぎ不足、廃業に「待った」

11月9日号

絵本で「心に虹」を

明津在住岸利律子さん

絵本で「心に虹」を

11月9日号

過去最悪が確実に

振り込め詐欺被害額

過去最悪が確実に

11月2日号

「危険な塀」撤去に新補助金

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

のくち寄席が20回記念

のくち寄席が20回記念

11月24日 てくのかわさき

11月24日~11月24日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク