高津区版 掲載号:2017年6月30日号 エリアトップへ

川崎市人口推計 2030年に158万人超 高津区ピークは2035年

経済

掲載号:2017年6月30日号

  • LINE
  • hatena
区別の川崎市将来人口推計(市発表)
区別の川崎市将来人口推計(市発表)

 川崎市は将来人口推計を先月発表し、3年前の前回推計を上回る増加傾向で、ピーク値の見込みは2030年の約158万7千人に達した。中原区などで相次ぐマンション開発や、主要駅一帯を中心にした拠点開発、周辺地域への波及などが要因とみられる。

 区別の推計では多摩区が最も早くピークを迎え、2020年に約21万7千人、中原区が最も遅いピークで40年に約29万6千人になる想定。高津区のピークは35年で約24万3千人。市の担当者は「多摩区ではマンション開発が少ないため、人口の増加があまり見込まれていない。これに対し、中原区では大規模住宅の開発が進んでいるため、今後若い世代の流入や出生数の増加が見込まれるのでは」と分析する。14年8月の前回推計では30年をピークに約152万2千人の想定だったが、一昨年の国勢調査結果で前回推計を上回るペースで人口増加が続いていることが明らかになった。

 今年4月に150万人を超えたことから、市は総合計画第2期実施計画の策定などに向け、改めて人口推計を実施。結果、ピークは前回と同じ30年だったが、ピーク後は死亡数から出生数を引いた数「自然減」が、転入などの「社会増」を上回ることで人口減少への転換が想定される。

 年齢層別にみると、年少人口(0〜14歳)は30年の約20万2千人、生産年齢人口(15〜64歳)は25年の約102万8千人がピークと見込まれている。65歳以上の老年人口も今後増加が続き、老年人口割合が21%に達する3年後の20年に「超高齢社会」が到来すると推測されている。

高津区版のトップニュース最新6

33年尽力、宮田会長が退任

高津防犯協会

33年尽力、宮田会長が退任 社会

新会長に大島氏

6月14日号

庭の自然生かし新企画

小黒恵子童謡記念館

庭の自然生かし新企画 文化

セミの抜け殻を学びに

6月14日号

善意のごみ拾い、3年目へ

下作延在住関口さん

善意のごみ拾い、3年目へ 社会

収集量は「キリン1頭分」

6月7日号

「子ども見守り」総がかりで

高津区

「子ども見守り」総がかりで 社会

重大事件等受け、対策強化

6月7日号

入居募集 年4回に拡充

川崎市営住宅

入居募集 年4回に拡充 社会

市、「空き部屋」活用へ本腰

5月31日号

恵みの雨で状況ガラリ

多摩川アユ釣り

恵みの雨で状況ガラリ 文化

地元漁協も安堵、明日解禁

5月31日号

再整備「県負担ゼロ」

高津合同庁舎

再整備「県負担ゼロ」 社会

建替え完了、業務始まる

5月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

音楽と絵本が一体に

音楽と絵本が一体に

23日、市民館でコンサート

6月23日~6月23日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その4 英 径夫さん

    6月14日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その3 英 径夫さん

    6月7日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク