高津区版 掲載号:2017年7月28日号 エリアトップへ

高津高校 3団体7人が全国へ 県代表として活躍誓う

教育

掲載号:2017年7月28日号

  • LINE
  • hatena

 全国高校生最大のスポーツ、芸術文化の祭典「全国高等学校総合体育大会」(インターハイ)「総合文化祭」「定時制通信制体育大会」などに、高津高校から3団体、7人が出場、参加する。各選手や生徒に意気込みを聞いた。

 7月28日に開幕するインターハイには、女子ハンドボール部が出場する。同部の出場は2年連続、4回目。チームの目標は「全国制覇」を掲げている。 

 「下級生の成長と3年生の踏ん張りでうまくチームがまとまった」と松永康宏監督。チームの転機となったのは、春の県大会、準決勝での敗戦だったという。「かなり落ち込んだ」と話すのは芹沢杏子部長(3年)。敗戦後の変化は、練習後に必ず話し合うこと。練習の課題点を先輩、後輩関係なく言い合える空気を3年生中心に作った。「団結力も調子もいい。ピークをインターハイに合わせていく」と意気込みを語る。

 31日から宮城県で開催される総合文化祭には、書道部の齊藤まどかさん(3年)と筝曲部の部員が県代表として参加する。

 齊藤さんが出展する作品の大きさは縦240cm×横90cm。羊毛の筆を活かした線のかすれ、全体のバランスをとることに試行錯誤を重ねた。県では最高賞にあたる「教育長賞」を受賞。「努力が結果につながり、とても嬉しかった。全国のレベルの高い作品を見て、多くのことを吸収したい」と期待を寄せる。

 筝曲部は25人編成の県選抜チームのうち3年生6人が参加。

 「総文祭のために作ったオリジナル曲に挑戦するため、いつも以上に他校と合わせる難しさがある。それでも段々合うようになってきた」と話す溝口稀由明(みゆあ)さん。「最後の夏なので楽しんで演奏したい。その気持ちが聞いている人にも伝わるように」と川本響子さん。

 8月18日から東京体育館で行われるジャパンカップ2017日本選手権大会にはチアリーディング部が出場する。今年は同部初の男子部員が入部し、リフトの高さに期待も。佐藤みなみ部長(2年)は「人数は少ないけれど声や笑顔を揃えるなど基礎を大切に。自分たちが楽しむことと、両親や先生に感謝の気持ちを込めて演技をしたい」と話す。

 定時制からは女子バレーボール部が15年連続16回目の出場を果たす。

 今年から男子部員も練習に加わり、前年以上に濃い特訓ができたという。顧問の車澤諭教諭は「バランスのとれた戦い方ができる」とチームを評している。小笠原未紅部長(2年)は「昨年、負けたチームにリベンジして、より高い成績を目指す」と闘争心を燃やす。8月3日に初戦を迎える。

筝曲部
筝曲部
女子バレーボール部
女子バレーボール部

高津区版のトップニュース最新6

苦悩続く「ニート就労支援」

タウンレポート

苦悩続く「ニート就労支援」 社会

コロナ禍、状況悪化も

9月25日号

13年ぶりの改訂版

文学碑めぐり

13年ぶりの改訂版 文化

活性協、住民要望受け発行

9月25日号

防災功労で総理大臣表彰

高津消防団

防災功労で総理大臣表彰 社会

東日本台風の活動評価

9月18日号

「舞台で度胸試し、いかが?」

市民プラザふるさと劇場

「舞台で度胸試し、いかが?」 文化

一般開放の利用料、半額に

9月18日号

「手持ち」で多摩川花火を

二子大通り商和会

「手持ち」で多摩川花火を コミュニティ文化

通常禁止のエリアで催し

9月11日号

来年「マスク無し」願って

なかよしコンサート

来年「マスク無し」願って 文化

収録動画を無料で配信

9月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク