高津区版 掲載号:2017年10月20日号 エリアトップへ

全日本還暦野球大会 川崎ドリームが2連覇 3チーム目の快挙

スポーツ

掲載号:2017年10月20日号

  • LINE
  • hatena
2連覇を達成した川崎ドリームの選手たち
2連覇を達成した川崎ドリームの選手たち

 川崎市内で活躍する還暦野球チーム、川崎ドリームが9月29日から10月3日にかけて京都で行われた第33回全日本還暦軟式野球選手権大会で2年連続4回目の優勝を決めた。連覇達成は1985年の第1回大会以来、3チーム目の快挙となる。

 今大会には全国から64チームが参加。県内からは2チームが出場し、川崎ドリームは全6回戦を戦った。その間失った得点は3回戦と決勝の各1点のみ。全試合で守備が安定していた。

 打撃でも圧倒的な力を発揮した。1回戦に14点、3回戦に13点、決勝でも10点を記録。4、5回戦でも盗塁やバントの作戦がうまくはまった。6連投し、優秀選手となった伊波興治投手(62)は「仲間が頑張って点を取ってくれたので、投球にも気合が入りました」と力投の理由を話す。

 今大会前に行った試合では横浜のチームに敗北を喫していた。しかしこの経験が、チームが気を引き締めるきっかけになった。選手はそれぞれ自身の練習を見直し、大会に備えた。そのため代表の下村弘孝さん(78)は「ハラハラすることがなかった」と振り返る。

 同チームの中村宏二監督(75)は「2連覇はとても嬉しい。日頃丹念に練習を積んでいる選手のみんなに感謝です」と喜びを語った。

高津区版のローカルニュース最新6

拉致問題、理解深めて

【Web限定記事】川崎市

拉致問題、理解深めて 社会

10月2日 市民のつどい

9月17日号

ミス・ジャパン日本大会へ

区内在住 高村さん

ミス・ジャパン日本大会へ 社会

推薦受け岐阜代表に選出

9月17日号

区内3人1団体が受賞

市文化賞

区内3人1団体が受賞 文化

地名研らに栄誉

9月17日号

SDGs制度398者に

SDGs制度398者に 社会

市パートナー、第2回で

9月17日号

障害者の作品募集

川崎市ら

障害者の作品募集 文化

12月に川崎区で展示

9月17日号

未来見据た組織づくりを

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook