高津区版 掲載号:2018年7月20日号 エリアトップへ

魂刀流志伎会 高津2剣士、国際舞台へ 戸沼君・中村君が伝統演武

社会

掲載号:2018年7月20日号

  • LINE
  • hatena
稽古に励む戸沼君(右)と中村君
稽古に励む戸沼君(右)と中村君

 殺陣剣術道場の魂刀流志伎会川崎道場に所属する区内在住の戸沼源友君(8)と中村彰太郎君(15)が、8月19日まで台湾東北部の宜蘭県で行われる「宜蘭国際こどもフェスティバル」に日本代表として参加する。日本の伝統芸能である立廻剣術の披露に向け、二人は稽古を重ねている。

 宜蘭国際こどもフェスティバル(宜蘭国際童玩芸術節)は世界24カ国の子どもが参加し、各国の民族舞踊や伝統芸能を披露するイベント。ユネスコ諮問機関からアジア唯一の「国際児童民俗芸術祭」に認定されている。

 魂刀流志伎会がこの芸術祭に招待されたのは初。昨年12月に参加が決まり、全国の道場から16人の子どもたちが選ばれた。

 川崎道場に通う戸沼君は梶ヶ谷小学校3年生。同会代表を務める父、智貴さん(42)の影響で4歳から立廻剣術を習い始めた。中村君は高津中学校3年生。小学5年生の時に立廻剣術を体験し、今では趣味の映画撮影にも殺陣を取り入れる。

 同会は里見八犬伝をモチーフにした剣舞や忍者、甲冑を着た侍の姿などで10演目を披露する。「お客さんも一緒に楽しめるような演武を」と意気込む戸沼君と、「海外で演技を披露するのは名誉なこと。迫力を伝えるためにも全力で取り組みたい」と話す中村君。同会代表の戸沼さんは「日本で培われてきた民俗芸能文化を誇りをもって表現し、世界に伝え、みんなで一緒に笑顔になることが目的。ベストを出し切る演武を披露できれば」と意気込みを語る。

 2人は8月3日から12日まで台湾で演武する。

高津区版のトップニュース最新6

旧校舎にも愛着持って

高津小おやじの会

旧校舎にも愛着持って 教育

善意の「ペンキ塗り」今年も

8月16日号

二子の補聴器店が優秀賞

かながわ産業Navi

二子の補聴器店が優秀賞 経済

独自の販売手法に評価

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

「10年の歩み」1冊に

久地円筒分水サポートクラブ

「10年の歩み」1冊に 文化

記念誌で「記憶を記録」へ

8月9日号

「ゴミ処理スキル」を刷新

マルイファミリー溝口ノクティプラザ

「ゴミ処理スキル」を刷新 社会

稼働3カ月で早くも成果

8月2日号

“住民手づくり”40回

橘ふるさと祭り

“住民手づくり”40回 文化

自治会、団体地域総出で

8月2日号

「教えてお兄さん、お姉さん」

地元の学生が講師を担当

「教えてお兄さん、お姉さん」 教育

橘小「お楽しみ会」定着へ

7月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その3 青山 昭久さん

    8月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク