高津区版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

高津防犯協会 33年尽力、宮田会長が退任 新会長に大島氏

社会

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena
新会長の大島氏(左)と握手を交わす宮田氏
新会長の大島氏(左)と握手を交わす宮田氏

 33年間、高津防犯協会の会長を務めてきた宮田良辰会長が、6日に行われた高津防犯協会総会で退任した。新会長には市議の大島明氏が就任し、宮田氏は顧問に就く。自主防犯活動をけん引してきた宮田氏は「33年間、一生懸命取り組んできた。皆さんのお力添えのおかげです」と感謝を述べた。

 宮田氏は1977年に新作第一町内会の会長就任と同時に高津防犯協会の役員に就き、活動に携わっている。86年に会長に就任以来、全国防犯協会連合会監事を始め、県、市の防犯協会の重役を担ってきた。

 全国的に犯罪認知件数が戦後最多となったことを受け、03年、区内で「高津防犯パトロール隊」を結成。4地区隊130人で結成した同隊は、現在101地区隊4000人以上が所属し、活動している。

 さらに、自主防犯パトロールを目的に青色回転灯の自動車装備(青パト)が認められるといち早く申請し、05年、市内で最初に青パトを導入。近年は防犯カメラの設置を積極的に推進し、高津署を通じた防犯カメラ貸出にも取り組んできた。

 総会では、高梨憲爾区長や阿部眞二警察署長などから長年の功績に対する謝辞が贈られた。

 新会長を務める大島氏は「安全が求められる時代に、宮田会長が築き上げたものを引き継ぎ、身の引き締まる思い。精一杯がんばりたい」と抱負を語った。宮田氏は「犯罪事件は後を絶たないが、それでも高津を守る皆さんの気構えが、事故、事件を減らしてきたと感じる。あっという間だったが、長年に渡り、支えてもらいありがとうございました」と挨拶した。

高津区版のトップニュース最新6

区内2団体が入賞

川崎市 温暖化対策表彰

区内2団体が入賞 社会

優れたエコ活動に高評価

11月8日号

令和初の栄冠、誰の手に

高校生バンド王 決定戦

令和初の栄冠、誰の手に 文化

「溝ノ口劇場」裏方で尽力

11月8日号

「川崎の歌姫」起つ

台風19号復興支援

「川崎の歌姫」起つ 社会

自身被災も“旗振り役”に 

11月1日号

交通事故死、県内最多2位

高津区

交通事故死、県内最多2位 社会

「2輪車絡み」8割

11月1日号

高津区に広がる支援の輪

台風19号

高津区に広がる支援の輪 社会

寄付や人海作戦も

10月25日号

「内水氾濫マップ」作成

川崎市

「内水氾濫マップ」作成 社会

台風受け、来年度完成へ

10月25日号

区内に甚大な被害

台風19号

区内に甚大な被害 社会

560件浸水、犠牲者も

10月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ジャズ触れる夜にご招待

洗足音大

ジャズ触れる夜にご招待

50組100人に

11月29日~11月29日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その4 河原 定男さん

    11月8日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その3 河原 定男さん

    11月1日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その2 河原 定男さん

    10月25日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク