高津区版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

高津防犯協会 33年尽力、宮田会長が退任 新会長に大島氏

社会

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena
新会長の大島氏(左)と握手を交わす宮田氏
新会長の大島氏(左)と握手を交わす宮田氏

 33年間、高津防犯協会の会長を務めてきた宮田良辰会長が、6日に行われた高津防犯協会総会で退任した。新会長には市議の大島明氏が就任し、宮田氏は顧問に就く。自主防犯活動をけん引してきた宮田氏は「33年間、一生懸命取り組んできた。皆さんのお力添えのおかげです」と感謝を述べた。

 宮田氏は1977年に新作第一町内会の会長就任と同時に高津防犯協会の役員に就き、活動に携わっている。86年に会長に就任以来、全国防犯協会連合会監事を始め、県、市の防犯協会の重役を担ってきた。

 全国的に犯罪認知件数が戦後最多となったことを受け、03年、区内で「高津防犯パトロール隊」を結成。4地区隊130人で結成した同隊は、現在101地区隊4000人以上が所属し、活動している。

 さらに、自主防犯パトロールを目的に青色回転灯の自動車装備(青パト)が認められるといち早く申請し、05年、市内で最初に青パトを導入。近年は防犯カメラの設置を積極的に推進し、高津署を通じた防犯カメラ貸出にも取り組んできた。

 総会では、高梨憲爾区長や阿部眞二警察署長などから長年の功績に対する謝辞が贈られた。

 新会長を務める大島氏は「安全が求められる時代に、宮田会長が築き上げたものを引き継ぎ、身の引き締まる思い。精一杯がんばりたい」と抱負を語った。宮田氏は「犯罪事件は後を絶たないが、それでも高津を守る皆さんの気構えが、事故、事件を減らしてきたと感じる。あっという間だったが、長年に渡り、支えてもらいありがとうございました」と挨拶した。

高津区版のトップニュース最新6

“映える”高津を探せ

区とたち農推進会議

“映える”高津を探せ 文化

写真展、SNSで作品募集

7月19日号

中核ホテルと共に30周年

高津区内のランドマーク「KSP」

中核ホテルと共に30周年 経済

節目経て、さらなる発展へ

7月19日号

「医療」「介護」橋渡し10年

高津区認知症連携を進める会

「医療」「介護」橋渡し10年 社会

来月には市民公開講座も

7月12日号

国の文化財 登録へ

二ヶ領用水

国の文化財 登録へ 文化

官民一体 「価値高め、後世に」

7月12日号

区内で患者数急増

手足口病

区内で患者数急増 社会

過去20年、同時期で最多

7月5日号

「楽天シニア」高津で始動

シニア向けスマホアプリ

「楽天シニア」高津で始動 社会

健康寿命延伸などに一役

7月5日号

詐欺電話遮断に本腰

高津警察防犯協会

詐欺電話遮断に本腰 社会

防止機能機器の購入訴え

6月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その4 加藤 孝市さん

    7月19日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク